NEW

パチスロ「激甘スペック」として注目の新台…「15枚役の羽」は「50%奪取で勝てる」!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「激甘スペック」として注目の新台…「15枚役の羽」は「50%奪取で勝てる」!?の画像1

 新型コロナウイルスの影響による経済の低迷は、我々の懐にも大きな打撃を与えている。

 減給にボーナスカット、小遣い減額。軍資金は減る一方というプレイヤーが増える中、高稼働を維持しているのが「激甘スペック」パチスロだ。

 小役の奪取、RT中のリプレイハズシを駆使することで設定1でも機械割「100%」を超える『ハナビ』や『バーサス』、ノーマルビッグ中のビタ押しが完璧であれば設定1でも機械割「103%」に達する『ディスクアップ』。

 同じく目押しに自信があればビタ押し必須の赤筐体=偶数設定を狙える『スナイパイ71』、変則設定を見極めた上でその設定の示す押し順通りに消化できれば以降、機械割「104%」となる『いろはに愛姫』などがその代表例としてあげられる。

 そんな中、設置台数こそ少ないながらもじわじわと注目を集めている1つのマシンがある。ボーダーのボーナスタイプ『パチスロ言い訳はさせないわよby壇蜜』である。

 フル攻略ならば最低設定でも機械割「101.84%」を誇る本機は、設定「3」「5」「6」の3段階。設定3はBR比率1:1、設定5はビッグ偏向、設定6はREG偏向と機械割のみならずBR比率も大きく異なり、合算出現率はそれぞれ110.0分の1、118.9分の1、94.4分の1と、設定6が最も低いといった特徴もある。

 通常時はチェリーと羽の完全奪取が理想で、まず左リール下段or枠下に単独の白7絵柄を狙って右リールをフリー打ち。ここで羽がテンパイしたら中リールにも同絵柄をフォローすればOKで、左リール枠下ビタ押しであれば、その目押し頻度は低下する。

 羽の払い出し枚数は15枚で、その出現率は150分の1。頻繁に出現しないことからついつい取りこぼしてしまいがちだが、本機は理論上、なんと50%、即ち「2回に1回」の割合で羽を奪取できれば機械割「100%」を超えると話題なのである。

 これが、激甘スペックとして脚光を浴びている所以。多少の目押しミスがあっても善戦できることから上級者でなくても挑めるし、その安心感がむしろ取りこぼしを抑制する可能性もあるわけだ。

 ちなみに羽成立時は基本的にボイスが発生し、仮に発生しなかった場合は設定5or6が約束される。ビッグ重複確定の中段チェリー出現率は設定3が8192分の1なのに対して、設定5&6は2048分の1と4倍の数値である点も設定推測要素として大いに活用できる。

パチスロ「激甘スペック」として注目の新台…「15枚役の羽」は「50%奪取で勝てる」!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!