NEW

JRAラッキーライラック札幌記念(G2)で巻き返し期すもデータ的には不安あり!? 苦汁を飲まされた”アノ姉妹”が再び立ちはだかる

【この記事のキーワード】,

JRAラッキーライラック札幌記念(G2)で巻き返し期すもデータ的には不安あり!? 苦汁を飲まされたアノ姉妹が再び立ちはだかるの画像1

 23日、札幌競馬場では札幌記念(G2)が開催される。秋のG1戦線を見据える上でも重要なステップの1つだろう。直前でマカヒキの回避が発表されたことは残念だが、今年の大阪杯(G1)を優勝したラッキーライラック(牝5、栗東・松永幹夫厩舎)にとっては相手関係が楽になったといえそうだ。

 19日の最終追い切りも、札幌芝コースで6ハロン74秒8、ラスト1ハロン11秒7を馬なりでマークしたように、洋芝適性にも問題はなさそう。3番人気で6着に敗れた宝塚記念(G1)からの巻き返しの態勢は十分だ。

 大阪杯では2着に下したクロノジェネシスから、2秒5もの大差をつけられるリベンジをされたグランプリだったが、大きな敗因は道悪適性の差だっただろう。突然降りだした豪雨により、阪神の芝は泥んこ馬場に急変。公式発表こそ稍重ではあったが、重い馬場に足を取られて能力を発揮できなかった馬も多かった。

 この敗戦にはコンビを組んだM.デムーロ騎手も「スタートはいつも通り良くて、いいところを取れました。ただ、向正面から3角にかけて馬場が合わないと思ってムチを入れた」と敗因の一つとしてコメントしている。

 幸い、今週末の札幌は晴れ模様の予報が出ているため、能力を発揮するには願ってもない好条件となりそうだ。

 その一方で、札幌参戦が初となるラッキーライラックには、不安なデータもある。北海道開催におけるオルフェーヴル産駒の成績がいいとはいえないのである。以下は、今年の函館と札幌開催の芝1800m以上条件で行われたレースの種牡馬別成績(札幌記念出走予定馬限定)

ハービンジャー   4- 6- 2-39/51、勝率7.8%、連対率19.6%、複勝率23.5%
ハーツクライ    3- 4- 3-35/45、勝率6.7% 、連対率15.6%、複勝率22.2%
ゴールドシップ   3- 2- 7-15/27、勝率11.1% 、連対率18.5%、複勝率44.4%
オルフェーヴル   2- 3- 4-29/38、勝率5.3% 、連対率13.2%、複勝率23.7%
ジャスタウェイ   2- 0- 2- 8/12、勝率16.7% 、連対率16.7%、複勝率33.3%
キングズベスト   1- 0- 0- 6/ 7、勝率14.3% 、連対率14.3%、複勝率14.3%
キングカメハメハ  0- 4- 3-20/27、勝率0.0% 、連対率14.8%、複勝率25.9%
カンパニー     0- 1- 0- 0/ 1、勝率0.0%、連対率100.0%、複勝率100.0%
ローエングリン   0- 0- 0- 4/ 4、勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率0.0%
メイショウサムソン 0- 0- 0- 9/ 9、勝率0.0%、連対率0.0%、複勝率0.0%

 同じステイゴールド系のゴールドシップ産駒が、少ない頭数で好成績を挙げているのに対して、ラッキラーライラックの父であるオルフェーヴルの成績は物足りない印象だ。

 札幌記念は過去10年において1、2番人気馬が5勝をあげているように、人気馬の好走するレースといえる。だが、3勝を挙げている2番人気に対し、1番人気は2勝と後れを取っていることも気掛かりな材料である。

「昨年のこのレースをブラストワンピースが優勝したように、ハービンジャー産駒の相性は悪くありません。血統的にはディープインパクトが最も相性がよかったのですが、唯一の産駒だったマカヒキも回避になりました。

1番人気より2番人気が好走している傾向や、ハービンジャー産駒の成績からノームコアの方に魅力を感じますね。直接対決した昨年のヴィクトリアマイル(G1)でも負かしていますから」(競馬記者)

 ノームコアはマイルG1であるヴィクトリアマイルの勝ち馬ではあるが、18年の紫苑S(G3・芝2000m)を圧勝した実績もある。半妹は宝塚記念、昨年の秋華賞(G1)を優勝しているクロノジェネシスだ。

 不本意な結果に終わった宝塚記念の悪夢を払拭したいラッキーライラック陣営にとっては、非常に厄介な姉妹との連戦となりそうだ。

JRAラッキーライラック札幌記念(G2)で巻き返し期すもデータ的には不安あり!? 苦汁を飲まされた”アノ姉妹”が再び立ちはだかるのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  2. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  3. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  4. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  5. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  6. JRA武豊アリーヴォ「ポツン騎乗」のなぜ!? 宝塚記念(G1)ドゥラメンテ産駒2頭で分かれた明暗…レジェンドも危惧した「嫌な予感」が的中か
  7. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  8. JRA「勝ち馬が強かった」川田将雅、武豊、福永祐一もお手上げ!? “伝説の新馬戦” を制したC.ルメールは「いい勉強になりました」と余裕綽々
  9. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. JRA M.デムーロで「必勝態勢」春二冠女王と接戦を演じた実力馬が7番人気の珍事!? 1勝クラスで当然の勝利も、何故「10万馬券」決着となったのか