NEW

JRAノームコアの瞬発力は“諸刃の剣”!? 札幌記念(G2)洋芝巧者「ハービンジャー×クロフネ」に潜む意外な罠とは

【この記事のキーワード】

,

JRAノームコアの瞬発力は諸刃の剣!? 札幌記念(G2)洋芝巧者「ハービンジャー×クロフネ」に潜む意外な罠とはの画像1

 23日、札幌競馬場では夏開催で唯一のG2、札幌記念が行われる。

 3走前に1200mの高松宮記念(G1)を走ったノームコア(牝5歳、美浦・萩原清厩舎)が、1年7か月ぶりに2000mの距離に挑む。2走前はヴィクトリアマイル(G1)で3着、そして前走は安田記念(G1)で4着と東京1600mで連続好走するも勝ち切れなかった。秋に向けてそのままマイル路線を歩むと思われたが、ここにきて突然の2ハロン延長。ノームコアにとって、この距離延長が起爆剤となるだろうか。

 古馬になってからマイルを中心に使われてきたノームコアだが、3歳時に中山2000mの紫苑S(G3)を勝っており、距離に不安はない。むしろ心配の種は、初めて走る「洋芝」への適性だという。

「父がハービンジャー、母父がクロフネですから、血統的には洋芝は歓迎とみるべきでしょう。しかしノームコアの戦績を見ると、洋芝は決して合っているとは思えません。昨年のヴィクトリアマイル(G1)を上がり33秒2の豪脚で差し切ったように、高速馬場でこそ本領を発揮するタイプの馬です。

これまで国内では、レースの上がり3ハロンが34秒台前半(34秒4)以下の“高速決着”では『4-1-1-1』と安定していますが、34秒台後半(34秒5)以上になると『1-0-2-3』とやや安定感に欠けます。

札幌記念はペースにかかわらず、上がりが34秒台前半で決着することはほぼありません。実際に、このレースが芝で行われるようになった1990年以降、上がり34秒台前半で決着したのは、アドマイヤムーンが勝った2006年(レースの上がり3ハロン=34秒3)の1度しかないですからね」(競馬誌ライター)

 今年の札幌の芝レースの傾向を見ても、ノームコアにとって“好走条件”とされる、上がり34秒台前半の瞬発力勝負になることはないだろう。これまで東京競馬場などの高速馬場で結果を残してきたノームコアだけに苦戦は必至。メンバー屈指の瞬発力が逆に“諸刃の剣”になりかねないというわけだ。

「(先述したように)血統的には洋芝をこなして何ら不思議ではないですが、何せ初めてですからね。馬群に沈んでも驚きませんよ」(同)

 陣営としては、ここで距離にメドが立てば、天皇賞・秋(G1)からマイルCS(G1)もしくはエリザベス女王杯(G1)という青写真を描いているのかもしれない。そうなると、半妹クロノジェネシスとの直接対決も現実味を帯びてくる。

 姉妹対決を実現するためにも、ここは負けられない一戦となるが、果たして運命やいかに。

JRAノームコアの瞬発力は“諸刃の剣”!? 札幌記念(G2)洋芝巧者「ハービンジャー×クロフネ」に潜む意外な罠とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!