NEW

福山雅治に「とばっちり」アノ悪夢が再来…? 話題沸騰の高視聴率ドラマが引き金に

【この記事のキーワード】

,

福山雅治に「とばっちり」アノ悪夢が再来…? 話題沸騰の高視聴率ドラマが引き金にの画像1

 女優の多部未華子が主演を務める火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第7話が8月18日に放送され、平均視聴率は番組最高となる16.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。放送前の下馬評を覆す快進撃を見せ、ドラマウオッチャーからは驚きの声が相次いでいる。

 同ドラマは、製薬会社のMRとして働く28歳のキャリアウーマン・相原メイ(多部)と、50歳のスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)との交流を描いたハートフルラブコメディー。

 開始当初は、22歳という“年の差”、また雇用関係の立場上、あまり馴染めていない雰囲気のふたりだったが、メイに訪れるピンチを鴫野が何度も助け、いつしかプライベートの相談をするような仲に。その親密さは回を追うごとに増していき、先日放送された第7話では、メイが鴫野を抱きしめるシーンもあったのだ。

 まさかの展開にネット上では「これはカップルになる流れ!?」「もしかして匂わせか?」と驚きの声が続出。なかには、ふたりの恋仲に期待する視聴者もいるようだが……。

 この匂わせ演出が、思わぬ悲劇を呼ぶことになってしまったという。

「同ドラマで匂わせている“年の差恋愛”演出をキッカケに、一部のウオッチャーは2016年放送の連続ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)を想起。そのドラマで主演を務めた俳優の福山雅治に注目が集まっています。

『ラヴソング』で福山は、実年齢27歳差のヒロイン・藤原さくらと共演していたのですが、その親子でも不思議ではない年の差に『現実的じゃない』『見る気失せた!』との声が上がるなど、放送前から反感を買っていました。

まあ、結局ふたりは男女の仲にならなかったので、そこまでの騒ぎとはなりませんでしたが、その前年に14歳下の吹石一恵との結婚を発表していため、一部の福山ファンは怒りが収まらず。このドラマがキッカケで、ファン離れがさらに加速した印象です」(芸能ライター)

 福山は今年で結婚5周年を迎えるが、いまだに諦めきれないファンは多い模様。今後も何かの拍子にバッシングが起きてもおかしくはなさそうだが、果たして?

福山雅治に「とばっちり」アノ悪夢が再来…? 話題沸騰の高視聴率ドラマが引き金にのページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!