NEW

JRA札幌記念ラッキーライラック「1強」は、まさかのマイル王陥落の「4年前」に酷似!? 小倉記念「100万馬券」から読み解ける勝負の分かれ目

【この記事のキーワード】

, ,

昨年はブラストワンピースらの出走で沸いた札幌記念

 23日、札幌競馬場で夏競馬の大一番・札幌記念(G2)が開催される。昨年は凱旋門賞(G1)の前哨戦としてブラストワンピース、フィエールマンが出走したため、豪華メンバーで行われた。だが、今年は日本からの凱旋門賞挑戦馬がいないことも影響し、やや手薄なメンバー構成となっている。

 G1・3勝のラッキーライラックが圧倒的1番人気の支持を集め、それに続くのがノームコアと予想される。だが、3番人気以下は全く見当もつかないような出走メンバーである。札幌記念は荒れにくいレースであるが、15年は3連単23万3540円、17年は3連単20万1410円という高額配当も出ている。今年のメンバー構成を考えると、波乱が起こる可能性も高いのではないだろうか。

 こういったレースこそ馬券的中といきたいところだが、高額配当を的中することは容易なことではない。先週の小倉記念(G3)では、3連単で137万4190円という超高額配当が飛び出したばかり。このレースを振り返ることで、札幌記念の勝率を大きく引き上げることができるかもしれない。

 天気にも恵まれた開幕週ということで、先行馬有利というのが大方の予想だった小倉記念。昇級初戦のミスディレクションが4番人気の支持を集めたことは、前残りの展開を予想した人が多いということの証明でもあるはずだ。

しかし、結果は差し、追い込み馬が上位を独占。前半1000mの通過が58秒1のハイペースとなり、ロードクエストの早めのスパートに先行馬がつられてペースアップしたことが原因に考えられる。その結果、10番人気→6番人気→13番人気の決着となり、100万馬券を演出することになった。

 見事に馬券を獲った人は、展開読みだけで的中したのかと言えば、それだけではないだろう。なぜならアールスター、サトノガーネット、アウトライアーズの3頭ともに、近走成績は不振、上がりの時計も目立ったものではなかったからだ。いくら展開が向いたとはいえ、この3頭での決着はなかなか予想できるものではないというわけだ。

 では、が的中の大きな要因かというと、「情報」だと考えるのが妥当だろう。そのヒントは、アールスターで重賞初制覇を飾った長岡禎仁騎手のコメントにもある。

「僕はアールスターに初めてレースで乗せていただいたんですけど、調教ではずっと乗せていただいていていました。『この馬の成長とか』もずっと見てきて、調教からずっとコミュニケーション取っていたので、自信持って競馬に臨むことが出来ました」

 このコメントから、長岡騎手が自信を持って騎乗できる「デキ」にあったということが分かる。この経緯からイン突きという勝負に出て、一気の伸び脚で突き抜けて勝利を飾ったと説明がつくのではないだろうか。

 だが、戦前はアールスターに関する情報はあまり出回っていなかったのが事実。これは一部の人しか知らない情報だったのだ。2着のサトノガーネット、3着のアウトライアーズについても、同じことが言えるだろう。

つまり、情報を制するものが馬券を制すということである。小倉記念においては100万円を手にするチャンスがあったか否かの「分かれ目」だったと言っても過言ではないだろう。

小倉記念を的中させることができていれば……

 そこでぜひ紹介したいのが、競馬情報のプロフェッショナルが組織する『ホースメン会議』が今週、厳選した買い目を無料公開するというニュースだ。今回、対象となるのは札幌記念の穴馬3頭を含めた買い目。これに乗らない手はないだろう。

 今年で創業39年のホースメン会議。「競馬予想の神様」と呼ばれた故大川慶次郎氏が設立した競馬情報のプロ集団である。取り扱っている情報は、競馬の最前線にいる調教師や騎手から入手。さらには、馬主からの情報もあり、こちらは競馬関係者がなかなか口を割らないようなことも含まれているようだ。

 実際に、ホースメン会議は昨年の札幌記念では4番人気で2着のサングレーザーに関し、強力情報を入手したことによって馬券を的中させている。同馬が優勝した一昨年のレースでも、関係者情報をもとに3連単を的中。この実績は、今年の札幌記念の情報も信頼度が高いことの裏付けとなるだろう。

札幌記念で2年連続連対のサングレーザー。今年はいったいどの馬が

 さらに、16年の札幌記念で的中した実績も見逃せない。

この年はマイル王モーリスが単勝オッズ1.6倍の圧倒的な支持を集めた。しかし、結果は2馬身差の2着に敗れ、優勝したのは5番人気ネオリアリズム。なんとこの時、ホースメン会議はネオリアリズムの「勝負話」を入手していたことで本命指名。見事に3連単を仕留めている。誰もがモーリスの勝利を信じてやまない中、確信を持ってネオリアリズムを推せたのは、それだけ表に出ていない強力な情報だったということだろう。

今年はラッキーライラックが断トツの1番人気となりそうなため、この年と似通った雰囲気がある。今年もすでに「マル秘情報」を入手しているということには恐れ入った。いったい、どの馬がお宝穴馬なのかは、ホースメン会議の買い目を手にした者だけが知ることができるだろう。

 万が一、不的中だった場合には有馬記念(G1)まで年内のG1スペシャル分析と先取り重賞情報を無料で公開するという。本来、有料で公開する情報に対して無料提供の約束をするということは、ホースメン会議が札幌記念に自信があって初めてできること。それだけの強力情報を握っており、これを多くのファンに提供して的中体験を共有したいという太っ腹な企画なのだ。

 ほとんどの競馬ファンは小倉記念で100万馬券を仕留められず、苦汁を飲んだはず。だが、今回は無料公開情報で的中に大きく近づくことができるだろう。夏競馬のビッグレースで、大勝負できるまたとない機会かもしれない。

(文=編集部)

CLICK→【無料公開!札幌記念の勝負買い目と穴馬3頭】ホースメン会議

※本稿はPR記事です。

JRA札幌記念ラッキーライラック「1強」は、まさかのマイル王陥落の「4年前」に酷似!? 小倉記念「100万馬券」から読み解ける勝負の分かれ目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!