NEW

JRA札幌記念(G2)ラッキーライラック「宿敵」アーモンドアイとの再戦実現へ! もうひと花咲かすために“絶対に負けられない戦い”!

【この記事のキーワード】

,

JRA札幌記念(G2)ラッキーライラック「宿敵」アーモンドアイとの再戦実現へ! もうひと花咲かすために絶対に負けられない戦い!の画像1

 今年のメンバーでは負けられない。

 23日(日)の札幌記念(G2)にラッキーライラック(牝5歳、栗東・松永幹夫厩舎)が出走を予定している。

 夏競馬における目玉レースとあって、近年の札幌記念では「豪華メンバー揃い踏み」などと目にする事は多々あるが、今年はマカヒキの回避などもあり、G1馬が3頭という低調なメンバーとなった。

 そのG1馬の中でも、ノームコアが昨年のヴィクトリアマイル(G1)、ペルシアンナイトが3年前のマイルチャンピオンシップ(G1)を勝利しているが、その中でもG1で3勝と、さらに格上の存在がラッキーライラックだ。

 2歳時に阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)を勝利したが、同世代の「宿敵」アーモンドアイの登場によって、一時は見る影を潜めた本馬。しかし、古馬になって次第に当時の輝きを取り戻すと、エリザベス女王杯、大阪杯とG1を2勝。今回の札幌記念では、断然の実績を引っ提げての参戦となる。

 ただ、そんな本馬にも全く不安がないかというと、そうではない。

 過去のG1もそうだが、本馬の好走時は全てスローペースの切れ味勝負。現にアエロリットが引っ張った昨年のヴィクトリアマイルでは、今回も出走を予定しているノームコアが勝利。本馬は最後の直線で脚色が鈍り、4着に敗れている。

 今回のメンバー的には、トーラスジェミニが逃げる事となりそうだが、その他にもトーセンスーリヤやカウディーリョ、ドレッドノータスなど先行馬も多数。トーラスジェミニは前走の函館記念(G3)をハイペースで逃げているだけに、他のメンバーの動き次第では今回もハイペースになる可能性は十分に秘めている。

 また、レース直前の雨によって稍重でレースを迎えた、ラッキーライラックの前走である宝塚記念(G1)。レース後にM.デムーロ騎手が「馬場が悪くて合わなかった……」とコメントしている事からも、やはり理想はパンパンの良馬場だろう。

 今回は幸いにも現時点で晴予報となっているが、良馬場の切れ味勝負を身上とする本馬にとっては、野芝よりも重い「洋芝」というのも1つのポイントとなりそうだ。今週の最終追い切りでは、札幌芝コースで6ハロン74.8-59.0-46.7-33.7-11.7。馬なりで好時計をマークし、抜群の動きを披露した。

 能力で圧倒するのか、それとも……。

 秋のローテーションは、今回の結果次第で決まるという本馬。

「宿敵」アーモンドアイとの再戦実現に“絶対に負けられない戦い”となりそうだ。

JRA札幌記念(G2)ラッキーライラック「宿敵」アーモンドアイとの再戦実現へ! もうひと花咲かすために“絶対に負けられない戦い”!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!