NEW

JRAジャパンC(G1)女王エネイブル脅かす「世界No.1ホース」が参戦示唆!? 「選択肢の1つ」凱旋門賞(G1)と並んで有力候補に

【この記事のキーワード】, ,
JRAジャパンC(G1)女王エネイブルを脅かす「世界No.1ホース」が参戦示唆!?  G1・3連勝ガイヤース「選択肢の1つ」凱旋門賞(G1)と並んで有力候補にの画像1
エネイブル 競馬つらつらより

 先月25日に、英国のアスコットで行われたキングジョージ6世&QES(G1)を5馬身半差で楽勝したエネイブル。昨年2着のリベンジへ向け、改めて凱旋門賞(仏G1)戦線の主役に躍り出た世界女王だが、今年も決して盤石とは言えないのかもしれない。

 19日、英国のヨークで行われたインターナショナルS(G1)をガイヤース(牡5歳、英・C.アップルビー厩舎)が優勝。今年になってコロネーションC、エクリプスSからG1・3連勝中と、いよいよ「王者」の貫禄が出てきた印象だ。

 今年のインターナショナルSにはG1・6勝の世界No.2牝馬マジカルに加え、今年のプリンスオブウェールズS(G1)で強い勝ち方をしたロードノース、英2000ギニーの覇者カメコなど、世界のトップホースが集った。

 しかし、芝2050mのレースでハナを切ったガイヤースは、そのまま勝ちパターンに持ち込むと、後続に影も踏ませぬ“圧逃劇”。2着マジカルに3馬身差をつけて、力の違いを見せつけている。

 この結果には、本馬を管理するアップルビー調教師も「とても嬉しい。単純明快で、最高のパフォーマンス」とガイヤースの走りを絶賛。「彼は今年、我々を落胆させたことがない。彼はより完成品となった」と管理馬へ絶大な信頼を寄せている。

「好メンバーが揃ったインターナショナルSでしたが、終わってみればガイヤースの充実ぶりが際立った結果となりました。本馬はこれで、今年のG1・3連勝。中でも前走のエクリプスSでは、エネイブルに2馬身1/4差をつけて完勝しています。

当時のエネイブルは前年の凱旋門賞以来、約9カ月ぶりの休み明け。叩き2走目となったキングジョージ6世&QESの圧勝劇を見ても、本調子でなかったことは明らかでしょう。しかし、それでもガイヤースの勢いはエネイブルにとっても、決して無視できるものではないと思いますよ」(競馬記者)

 実際に、新型コロナウイルスの影響によって今年初の発表となったロンジン・ワールド・ベストレースホース・ランキング(1月1日~7月5日が該当)では、堂々の首位を飾っていたガイヤース。今回の勝利で、さらに評価が高まったことは述べるまでもない。

 また凱旋門賞といえば、ここ10年で7勝と牝馬が圧倒的に強いレース。「古馬の牡馬」に限っては2007年のディラントーマス以来、昨年まで11年間勝利がなかった。しかし、昨年はガイヤースと同じ5歳牡馬のヴァルトガイストがエネイブルを破って勝利。牝馬有利の定説に大きな風穴を開けている。

 アップルビー調教師は昨年10着に敗れた凱旋門賞挑戦に「選択肢」と語っており、エネイブルとの再戦も考慮しているようだ。だが、その一方で「愛チャンピオンS、凱旋門賞、ブリーダーズカップ、さらに日本のレースもある」と、凱旋門賞の他に日本のジャパンC(G1)も選択肢に入っている。

 今年は新型コロナウイルスの影響で、日本から凱旋門賞へ挑戦するのは極めて難しい状況だ。だが、もし逆に世界No.1ホースがジャパンCに出走してくるなら、暗いニュースを吹き飛ばすような熱戦が期待できそうだ。

JRAジャパンC(G1)女王エネイブル脅かす「世界No.1ホース」が参戦示唆!? 「選択肢の1つ」凱旋門賞(G1)と並んで有力候補にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「迷惑をかけて申し訳ない」武豊“大外タックル”で騎乗停止から約3年…。「因縁」被害馬トレーナーと3年ぶりのコンビ復活
  2. JRA 「ホントにカッコいい」藤田菜七子も熱視線注ぐイケメン騎手にG1制覇の大チャンス!? 休養中に評価「爆上げ」の隠れ桜花賞馬候補
  3. JRA池添謙一「有馬記念だけで種牡馬になれると」ブラストワンピース“史上初”の屈辱的結末…。瀬戸際の「ハービンジャー後継問題」を救うのは、あの大物馬主?
  4. JRA 武豊「因縁」オーナーと5億円の復縁!? ワールドプレミア降板劇から突然の大物騎乗依頼、両者に交錯する「思惑」とは
  5. JRA M.デムーロの次は横山武史、アノ中堅騎手がまた「強奪」の被害!? 因縁の「ドゥラメンテ産駒」で下した陣営の手厳しい決断とは
  6. JRA“父親参観”横山典弘がAJCC(G2)に自信あり!? 「疑惑封印」狙うキングオブコージに隠し切れない勝負気配
  7. JRA「言うことがないです」武豊も絶賛したアロゲート産駒から怪物登場の予感も……。 将来性豊かな期待馬を襲ったアクシデント
  8. JRA「ビックリするぐらい状態はいい」武豊の元クラシック候補が異例の挑戦!? ディープインパクト産駒でも「大丈夫」なワケとは
  9. JRAタイトルホルダー、オーソクレース撃破も「鞍上問題」が強敵!? AJCC(G2)重賞未勝利の元主戦に師匠からの「恩情」再登板あるか
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?