NEW

パチスロ「高設定」の「恐怖」…「不運」からは逃げられない⁉

【この記事のキーワード】

,

パチスロ「高設定」の「恐怖」…「不運」からは逃げられない⁉の画像1

 運には「波」がある様子。どんなパチスロ機を打っても「勝てる時期」もあれば、「何をしても結果が伴わない時期」もあるものだ。

 難しいことに、それは自分自身でコントロールが不可能であり、「何か対策はないものか」と思考を巡らせてみても、なかなか答えが見当たらない場合が多い。

 例えば、先日『Re:ゼロから始める異世界生活』にて約7万円の負けを記録したことも同様である。

 この地域は最近では珍しい等価なホールが多く、他の都道府県よりも設定状況は厳しめの印象だ。

 しかし、それでもホールの努力により、高設定は存在している。店舗の出玉データを凝視していると、優秀なスランプグラフを発見することもあるのだ。

 そのホールでは『Re:ゼロから始める異世界生活』の角台が、3日間連続で高設定らしい挙動を見せていた。

「2度あることは3度ある」という「ことわざ」が存在するが、それが本当ならば3度あることは4度もあるだろう。翌日、4日連続の高設定を期待し、狙いに行くことにしたのである。

 開店1時間ほど前に到着すると、入場口は完全に無人であった。抽選ではなく並び順の入場であるため、1番で入場することに成功したのだ。

 無事、狙い台を確保し、不安と期待が入り混じった感情でコインサンドに紙幣を投入。『Re:ゼロから始める異世界生活』は有利区間開始から数ゲームで高設定示唆が出現することがあるので、期待をしてレバーを叩くと…。

 コンビニの店員から「246円です」との報告があった。これは「偶数設定濃厚」の演出で、高設定ほど出現しやすい。期待が高まっていく。

パチスロ「高設定」の「恐怖」…「不運」からは逃げられない⁉のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事