NEW

元JRA安藤勝己氏「焦る必要なかった……」札幌記念(G2)ラッキーライラックの早仕掛けにチクリ!? 横山典弘はノームコアを完璧エスコート!

【この記事のキーワード】, ,

元JRA安藤勝己氏「焦る必要なかった……」札幌記念(G2)ラッキーライラックの早仕掛けにチクリ!?  横山典弘はノームコアを完璧エスコート! の画像1

 23日、札幌競馬場で行われた札幌記念(G2)は横山典弘騎手の2番人気ノームコア(牝5、美浦・萩原清厩舎)が優勝。2着に6番人気ペルシアンナイト、1番人気に支持されたラッキーライラックは3着に敗れたものの、G1馬・3頭による上位独占となった。

 勝利騎手インタビューでは、横山典騎手から笑顔がこぼれたほどの圧勝劇だった。

 ハナを主張したトーラスジェミニが刻んだラップは1000m通過60秒3の平均ペース。明暗を分けたのは、それぞれのポジション取りだったかもしれない。好スタートを決めつつも、先に行きたい馬を行かせて好位の6番手につけたノームコア。

 対するラッキーライラックは2番手につける強気な競馬。これを目標に後続馬が早めに追いかけたこともあり、3コーナー過ぎから出入りの激しい展開となった。次々と押し寄せる後続の追い上げに直線に入ると早々と先頭に立ってしまった。

 好位のインからスムーズに進路の開けたノームコアは目標をロックオン。既に激しくムチを入れられていたライバルを楽な手応えでパス。必死に追いすがるペルシアンナイトを尻目に悠々とゴール板を駆け抜けた。

元JRA安藤勝己氏「焦る必要なかった……」札幌記念(G2)ラッキーライラックの早仕掛けにチクリ!?  横山典弘はノームコアを完璧エスコート! の画像2

 完璧な手綱捌きでパートナーをエスコートした横山典騎手。レース後にも「ほとんどプラン通りの競馬ができました。テレビを見ている人にいい競馬を見せられたんじゃないかな」と、自身の騎乗を振り返るとともに「いつも最後にいい脚を使ってくれるし、それに加えて具合が良かった」とコメント。

 また、元JRA騎手の安藤勝己氏も自身の公式Twitterで「あの展開ならノームコアにはしめたもの。内でジッと脚をタメて、4角でもう手応えが違った」と、人気2頭が明暗を分けた騎乗を回顧。

元JRA安藤勝己氏「焦る必要なかった……」札幌記念(G2)ラッキーライラックの早仕掛けにチクリ!?  横山典弘はノームコアを完璧エスコート! の画像3

 直線で伸びを欠いたラッキーライラックについては「ラッキーライラックは位置取るのに脚使ったのもあるけど、仕掛けてから反応が案外。メンバー的に焦る必要なかったし、先を見据えた仕上げでもあったのかな」と述べており、物足りなさを感じていたようだ。

「ラッキーライラックは2番手からの強気なレースで押し切りを狙いましたが、追い込んだ2頭が1、2着に入ったように、差し馬に有利な展開でした。

M.デムーロ騎手は『今日は思ったよりも伸びなかった』とコメントしましたが、常に後続の目標にされる厳しい展開となったと言わざるを得ません」(競馬記者)

 勝ったノームコアにとっては、19年のヴィクトリアマイル(G1)を優勝して以来となる2つ目のG1勝利が秋の目標となる。

 札幌記念を優勝して2000mの距離を克服したことからも、次走の選択肢も広がるだろう。

 順調に行けば、宝塚記念(G1)を圧勝した半妹クロノジェネシスとの姉妹対決もあるかもしれない。

元JRA安藤勝己氏「焦る必要なかった……」札幌記念(G2)ラッキーライラックの早仕掛けにチクリ!? 横山典弘はノームコアを完璧エスコート!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  3. JRAオークス(G1)はサークルオブライフ&M.デムーロが勝つ! 勝利を後押しする4つの圧倒的要素とは?
  4. JRA【平安S(G3)予想】大本命テーオーケインズから紐荒れ狙いで「好配当」狙う穴馬をピックアップ
  5. JRAトウカイテイオー「最後の希望」に超良血牝馬!? 関係者から「正直、勿体ないレベル」という声も…皇帝・帝王の系譜が奇跡の復活へ
  6. JRAオークス(G1)武豊「まともだったらひょっとした」のモヤモヤから14年…「普通のレースなら文句なしに降着」とまで言われた池添謙一の大斜行
  7. JRAジャングロ、デュガで「やっちまった」武豊に朗報!?「帰ってきた」短距離界の大物候補との再コンビ結成に“熱視線”!
  8. JRAオークス(G1)川田将雅「致命的」な選択ミス!? 桜花賞組の優位動かず…アートハウスに「足りないもの」とは何だったのか
  9. JRAオークス(G1)今週も続く「前残り警報」はノーマーク厳禁! 18番人気でも残れた超スローの元凶…「消極騎乗」不可避で絶対に狙いたいアノ馬
  10. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ