NEW

佐々木希、渡部建を助ける「過去とはサヨナラ」発言! 嫌われ役を買って出た?

【この記事のキーワード】

,

佐々木希、渡部建を助ける「過去とはサヨナラ」発言! 嫌われ役を買って出た?の画像1

 ファッションモデルで女優の佐々木希。2017年にお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建と結婚し、18年には第一子を出産しているが、今年6月に発覚した渡部の“トイレ不倫”問題以降、何かとネガティブな話題が続く彼女が見せた驚きの姿が話題を呼んでいる。

 佐々木は8月23日、日本テレビ系の特番『24時間テレビ愛は地球を救う』内で行われた『笑点』のコーナーにスペシャルゲストとして出演。

 お笑いコンビ・テツandトモとともに、彼らの持ちネタである「なんでだろう」を踊り、顔芸のパートでは変顔を披露したほか、大喜利にも参加した。座布団運びに加え、今回の『24時間テレビ』のテーマである“動く”にちなみ、「動」という漢字を使ったオリジナルの漢字を作るコーナーでは回答者となった。

 この際、動くにさらに動くを重ねた漢字で「我が息子」と答えて喝采を集め、秋田県出身者らしく「鬼に動くと書きまして、なまはげ」という回答も飛び出し、司会の春風亭昇太から座布団をもらうと、嬉しがる様子を見せていた。

 この件について、ネット上では「子どもを産んでてこれだけ可愛いのは本当にすごい」「やっぱり美しいは正義だわ」と、その美貌を称える声が上がる一方で、「こんな美人を妻にしといて、浮気をする渡部ってヤバい奴じゃない?」「笑点メンバーが渡部についてイジらなかったのは残念だよね」と、渡部の不倫問題に波及した声も多数あった。

 また、「旦那が仕事ができないから、笑点にも出なくちゃいけないのか」「甲斐性がない旦那を持つと大変だよね」と、現在渡部が芸能活動を自粛していることが、今回の佐々木の出演に繋がったのでは?と指摘する声も少なくない。

「佐々木さんと言えば、渡部の不倫問題に対して『私が支えていく』と周囲に発言したことがニュースサイト『文春オンライン』に報じられるなど、渡部と夫婦関係を継続する意思を見せているとされていました。

しかし、9月2日発売のファッション誌『anan』(マガジンハウス)に佐々木さんが表紙やロングインタビューで登場することが、日刊スポーツなどの各メディアによって報道され、その中に『今回のことがあって、周りのみなさんに私はどれだけ愛されているのかが、本当によく分かった』『少しずつ前向きになれたような気がします。過去にとらわれて過ごすのは嫌だと思いました』など、意味深な発言をしているそうなんですよ。

ただ、24日の『東スポWeb』によれば、テレビ関係者に対して、渡部を使うように営業をかけているとも報じられていましたし、現在の夫婦仲がどうなのかは、闇に包まれた状態だと言えます。

とはいえ、不倫した渡部を許すような形になっている佐々木さんに対して、『渡部を思い出して不快』『今は佐々木希も見たくない』という声も上がるなど、批判の声が出ていることも確か。このまま自身がしばらく一家の大黒柱になるにしても、全盛期のような露出は望めないのではないでしょうか」(芸能ライター)

 夫には浮気される、それによって自身にも批判の声が集まるなど、傍から見れば散々ともいえる状況の佐々木だが、今回のような思い切った出演を行うのは、渡部を守るためか、それとも将来離婚した後の活動への足がかりか――。

 それは本人にしかわからないが、以前では考えられないような姿を見せた佐々木に対して、世間が驚いたことは確かなようだ。

佐々木希、渡部建を助ける「過去とはサヨナラ」発言! 嫌われ役を買って出た?のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!