NEW

パチスロ6号機「最強の破壊力」!? 話題の最新作「第4の抽選システム」搭載!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ6号機「最強の破壊力」!? 話題の最新作「第4の抽選システム」搭載!!の画像1

 低空飛行を続ける6号機市場に革命を起こせるか。

 スパイキーが製造(開発:エンターライズ)、フィールズが販売するパチスロ新台『PACHISLOT リングにかけろ1 ワールドチャンピオンカーニバル編』の詳細が明らかになりつつある。

「2段階上乗せシステム」「第4の抽選システム」「左を制するシステム」と3つの新システムを搭載した本機。通常時、規定ゲーム数「50G」以内に100ポイント到達を目指すところから始まる。ポイントは全役で獲得抽選が行われ、ポイント獲得特化ゾーンもあり。

 50%以内の100ポイント到達割合は約75%で、規定ゲーム数消化&100ポイント到達で発生する「闘志チャンス」のAT抽選に漏れた場合は主人公・竜児の強化、仲間獲得などに期待できる。

 規定ゲーム数以内に100ポイント未到達であれば、CZ「ギリシアバトル」へ突入。CZ中はギリシア12神を5人撃破できればAT確定で、勝利期待度は竜児の強さ、仲間の有無やそのキャラクターによって大きく変化するようだ。

 首尾よくATを射止められれば、まずは「チャンピオンロード」がスタートする。このチャンピオンロードは1G純増約3.1枚の差枚数管理型で、初期枚数は100枚~250枚。

 継続中は「バトルカーニバル」でのバトル勝利で「ベース枚数」が50枚ずつ上乗せされ、AT残り枚数が「0」になると「ビクトリーラッシュ」へと移行する。

 ビクトリーラッシュは獲得したベース枚数をまとめて倍々上乗せできるゾーンで、50%のループ抽選をクリアできれば50枚→100枚→200枚とアップ。終了後はその上乗せ枚数を持って再度チャンピオンロードへ突入…といった流れを辿り、この一連の連鎖で大量出玉を獲得することができる。

 導入は10月5日予定とのことで、先日は都内で関係者を招いて発表会を開催した模様。参加したパチスロライターたちはTwitterでその模様やゲーム性をツイートしており、早くも大きな反響を呼んでいる。

 メーカーは違えど、初代『パチスロ リングにかけろ1』は5号機初期の王者ともいえる名機だっただけに、ファンの注目を集めるのは必然。現在、製品サイトではティザーPVを公開中だが、その更新及び続報の発表を心待ちにしたい。

パチスロ6号機「最強の破壊力」!? 話題の最新作「第4の抽選システム」搭載!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事