NEW

JRA所属トップジョッキー「濃厚接触者」疑惑回避も不安の声……「同じ日に同じ場所にいたわけですし」問われる主催者の姿勢

【この記事のキーワード】, ,

JRA所属トップジョッキー「濃厚接触者」疑惑回避も不安の声……「同じ日に同じ場所にいたわけですし」問われる主催者の姿勢の画像1

 競馬界に激震が走った船橋競馬所属騎手のコロナ感染、そして同じ南関東の川崎競馬の開催取り止め。24日月曜日の開催直前に判明したこの事態により、24日から26日までの川崎競馬が取り止めとなり、27日以降の開催も微妙な状況となった。予定されていた地方重賞のスパーキングサマーカップ(S3)も中止となったのである。

 しかしこの話にはさらなる衝撃があった。

 編集部に届いた情報によると、少なくとも6名の船橋所属騎手がPCR検査によって陽性が判明した可能性が高いという。その中には地方交流重賞や、東京ダービー(S1)を勝利したトップジョッキーが含まれている様子だから、現場の混乱は必至だ。

 一方、川崎競馬所属騎手に関しては、PCR検査にて全員陰性との結果が出たとのこと。大事を取った判断は妥当だが、結果的に今回の川崎競馬の開催中止は、船橋所属騎手の感染によるとばっちりということになってしまった。

 とはいえ、船橋所属騎手が感染したからと言って、川崎も騎手だけしか感染を疑わないというのはナンセンスだろう。濃厚接触者という観点では、やはり広範囲の該当者がいるはず。普段から交流のある南関東だけに、全員陰性だった騎手だけでなく、コロナに感染した船橋所属騎手の濃厚接触者だった厩務員や調教師も含めれば、かなりの範囲でPCR検査が必要になると想像されるからだ。

 また大井競馬所属騎手もPCR検査を受けているが、前述の船橋所属騎手数名と濃厚接触だったようで、こちらも感染状況が懸念されている。

 そしてこのニュースはJRA(日本中央競馬会)に対しても、大きな影響を与えている。というのも、コロナの感染が判明した船橋競馬所属騎手と同日に、大井競馬で騎乗していたJRA騎手に濃厚接触の疑いがあったからだ。

 その中にはJRAでもトップレベルの騎手も含まれており、地方交流重賞などで地方競馬に乗る機会も多く、地方競馬関係者と多く接触する機会があるようだ。本日JRAから大井競馬で騎乗していた騎手に対して「濃厚接触者ではない」との判断が下されて事なきを得たが……。

「JRAも新型コロナウイルス感染に関わる問題だけに、迅速に手を打ちましたね。ただ、地方競馬の関係者からは『同じ日に同じ場所にいたわけですし、あの大井の狭い更衣室やシャワールームで、感染の恐れがないとは言い切れないと思います』と不安の声も……。

現時点でJRAは該当騎手に対して、週末の騎乗に制限を設けないとのことでしたが、すでに個人的にPCR検査を受けている可能性もありそうです。その結果次第では、また事情が変わってくるかもしれませんね」(競馬記者)

 現在JRAはコロナウイルスの感染防止対策として、取材規制や外部との接触を大幅に制限している。そういった関係者の尽力によって、ここまでクラスターも発生せず開催が継続されてきた。

 感染がどれほど蔓延しているのか詳細はまだ不明だが、今後どんな対策が取られるのか。主催者の対応に注目したい。

JRA所属トップジョッキー「濃厚接触者」疑惑回避も不安の声……「同じ日に同じ場所にいたわけですし」問われる主催者の姿勢のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)予想】川田将雅×アートハウスは断然の消し! ◎は本命視されているアノ馬ではなく、買うだけの理由がある穴馬!
  2. 武豊「痛かった」致命的な不利に審議も制裁もなし……。元JRA藤田伸二氏「制裁がなかったらおかしい 」、C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA全面協力アニメ『群青のファンファーレ』が大コケ!? 『ウマ娘』の対抗馬として4月からスタートも、「話題」を殆ど耳にしないワケ
  4. JRA【日本ダービー(G1)展望】イクイノックスVSダノンベルーガVSドウデュースVSジオグリフ! 3歳牡馬「四天王」が競馬の祭典で激突!
  5. JRA武豊ウォーターナビレラ&桜花賞馬スターズオンアースは余裕の消し! 「7年前の異常」が攻略のカギ【オークス(G1)予想】
  6. JRA【目黒記念(G2)展望】「落馬カラ馬」シルヴァーソニック×川田将雅VS「調教放馬」アリストテレス×武豊! アクシデント乗り越えた2頭が初顔合わせ!
  7. JRA「牝馬の福永祐一」はもはや死語!? M.デムーロでも戸崎圭太でも池添謙一でもない、オークス(G1)で狙うべきは“あのジョッキー”
  8. JRA「桜花賞組を狙えばOK」は時代遅れ!? オークス(G1)「3年連続」波乱を呼び込む馬たちの「共通点」とは
  9. 「川田が選んだ」で過信禁物!? アートハウスが過大評価と言えるワケ
  10. JRA「重賞30連敗」C.ルメールに5大クラシック8枠完全制覇の呪い…桜花賞馬スターズオンアース騎乗でチャンス到来も泣きっ面にハチ