NEW

パチンコ店への「憎しみが爆発」!? 「勘違い?」から「恐怖に凍り付く」スタッフ達

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店への「憎しみが爆発」!? 「勘違い?」から「恐怖に凍り付く」スタッフ達の画像1


 パチンコ店はお客様の喜怒哀楽が入り混じった特別な空間です。中でも怒と哀の感情を抱く方は多いでしょう。

 展開に恵まれずに怒り狂うお客様や、負けた腹いせに店へ嫌がらせをする方なども稀にですがいらっしゃいます。故に、ホールはトラブルの絶えない職場と言っても過言ではございません。

 私もホール店員だった頃には、とんでもない難癖をつけられたり、胸倉を掴まれて殴られそうになった事もございました。ただ、そういった場面は監視カメラにしっかりと記録されますし、他のスタッフや警察のフォローもあるので一大事になる事はほぼありません。

 無論これは、あくまで勤務中のホールでの話です。仮にホール外でアクシデントが起こってしまった場合、自分の身は自分で守らなければいけなくなります。

 今回は、私がプライベートで体験した恐怖のエピソードをご紹介しましょう。

 あれは、私が1年に1回あるかどうかのエンペラータイムが訪れていた時期でした。何を打っても勝てる無双状態で、自己最高となる7日連続の勝利を記録して浮かれていたのです。

 私のニヤついた顔は後輩スタッフの目に留まり「銀次さん何かいい事あったんですか?」と聞かれました。パチンコで勝ちまくっていると伝えるや否や「そんなに勝っているならご飯ご馳走してください!」と目を輝かせて言ってきたのです。

 自分の大勝ち情報は瞬く間にスタッフへと広がり、結局はその日いた後輩スタッフ全員に焼肉を奢る事になったのでした。私は勝ったら気が大きくなるタイプですので「今日はタダ飯を食わせてやる!」と格好をつけていたのを覚えております。

 仕事が終わり、私は皆を引き連れて行きつけの焼き肉屋へ行きました。夕方という事もあったのでそこまで混んでおらず、すぐにテーブル席へ案内されたのでした。

 そこからは楽しい食事の始まりです。上司の文句や会社の愚痴をもらしたりして盛り上がりました。私も大好きなホルモンと後輩の話を肴にして、美味しいお酒を楽しんでいたのです。

パチンコ店への「憎しみが爆発」!? 「勘違い?」から「恐怖に凍り付く」スタッフ達のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!