NEW

メッシ「移籍先」に英マンチェスターシティ秒読みか……親友アグエロのインスタ「匂わせ行為」が決定打?

 チャンピオンズリーグで2-8という歴史的な大敗を喫するなど、抜本的なチーム改革を迫られているバルセロナ。そんな中、チームの象徴的存在であるリオネル・メッシが退団の意向を申し出たことで移籍の可能性が高まり、欧州の移籍市場は今、スペインの名門を中心に燃えに燃えている。

 果たして「50年に1人の天才」とまで謳われたメッシは、どこへ新天地を求めるのか。

 バルセロナを撃破し、欧州の頂点に立ったドイツのバイエルン、長年のライバル・クリスティアーノ・ロナウドを要するイタリアのユベントス、欧州の頂点にあと一歩まで迫ったフランスのパリサンジェルマン……。

 数々の世界最高峰のクラブが候補としてメディアで取り上げられているが27日、「意外な形」で移籍最有力候補に躍り出たのが、イングランドのマンチェスターシティだ。

 昨シーズン、プレミアリーグで2位に終わり、チャンピオンズリーグでも準々決勝で散ったマンチェスターシティ。世界でも指折りの資金力を持つチームであるため、メッシの移籍候補としても有力視されているが、最も大きな理由がセルヒオ・アグエロの存在だ。

 メッシと同じアルゼンチン代表として長年コンビを組んでいるアグエロ。過去にはメッシが批判の的になるたびに「批判する人々を理解できない」と庇い、最近でも自身の動画サイトでいきなり電話するなど、その間柄はサッカーファンの間でも有名だ。

 そんなアグエロがここに来て、大きな動きを見せたことで世界中のファンから注目を集めている。

「アグエロのInstagramは『kunaguero10』というユーザー名なのですが、昨日いきなり『10』を取って『kunaguero』に変更したんです。『10』というのは、当然マンチェスターシティにおける彼の背番号。それを自ら剥奪したということは、バルセロナで『10』を背負うメッシを受け入れるためではないかという見方ができます」(サッカー記者)

 また、マンチェスターシティで現在指揮を執っているペップ・グアルディオラ監督は、かつてバルセロナでメッシと共に一時代を築いた人物。最高の時を共有した恩師の存在は、メッシにとって、イングランドへ足が向く大きな動機になってもおかしくはない。

「『CNN』のイタリア人ジャーナリストであるタンクレディ・パルメリ氏はTwitterで『マンチェスターシティはメッシの移籍金として2億ユーロを準備している』と語っています。移籍話だけに信憑性はわかりませんが、少なくともマンCがバルセロナへアプローチしていること、メッシ争奪戦の最有力に上っていることは間違いなさそうです」(同)

 果たして、アグエロの行動は親友へのラブコールなのか。それともバルセロナとマンチェスターシティとの間で、メッシの移籍がほぼ合意に達しているからか。はたまたメッシ以外で、マンチェスターシティで10番を背負えるような超大物の移籍を示唆するものなのか。

 いずれにせよ、アルゼンチン代表でも10番を付けているアグエロが「10」を取り下げた意味は小さくないだろう。世界最高のビッグプレーヤーの移籍問題が、早くも大詰めに向かっているのかもしれない。

メッシ「移籍先」に英マンチェスターシティ秒読みか……親友アグエロのインスタ「匂わせ行為」が決定打?のページです。GJは、スポーツ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!