NEW

JRA武豊×ダイアトニックに「弱点」発見!? キーンランドC(G3)札幌芝1200mの傾向から浮上した意外な「穴馬」とは……

JRA武豊×ダイアトニックに「弱点」発見!? キーンランドC(G3)札幌芝1200mの傾向から浮上した意外な「穴馬」とは……の画像1

 30日、札幌競馬場でサマースプリントシリーズの第5戦・キーンランドC(G3)が開催される。

 武豊騎手のダイアトニックが断然の1番人気が予想される。今年の高松宮記念(G1)は不利に泣いての3着、前走の函館スプリントS(G3)は危なげないレース運びで勝利。メンバーの中で、実績最上位といえるだろう。

 58キロの斤量は前走で克服しており、鞍上の武豊騎手もコンビ2戦目。管理する安田隆行調教師は、これまでにキーンランドCで[2-3-0-5]の好成績を収めている。不安らしい不安はなさそうに思われるが、ロードカナロア産駒という点が問題となりそうだ。

 ロードカナロア産駒のキーンランドCの成績は1勝、2着1回で連対率100%。だが、これはダノンスマッシュの成績だけなので、ほぼ参考外である。そこで、札幌芝1200m条件の成績を確認してみると、意外な結果が分かった。

●ロードカナロア産駒の札幌芝1200m成績(産駒デビューの2017年以降)
2017~2019年:[3-5-3-23/34]  勝率8.8%、連対率23.5%、複勝率32.4%
2020年(23日現在):[1-0-2-13/16]  勝率6.3%、連対率6.3%、複勝率18.8%

 これまでと比較すると、今年はかなり成績を落としていることがわかる。16回の出走に対して、わずか1回の連対は深刻な数字と言えるだろう。ちなみに、キーンランドCに出走するロードカナロア産駒はダイアトニック以外にも、イベリス、アスタールビー、ヤマカツマーメイドがいる。これらすべてに共通する不安要素だ。

 それに対して、最も好成績を残しているのがダイワメジャー産駒だ。

 今年の札幌芝1200mの成績は[3-2-2-6]で、勝率23.1%、連対率38.5%、複勝率53.8%と抜群の数字を残している。勝率、複勝率ともにロードカナロアの約3倍にあたる数字だ。

JRA武豊×ダイアトニックに「弱点」発見!? キーンランドC(G3)札幌芝1200mの傾向から浮上した意外な「穴馬」とは……の画像2

 そんなダイワメジャー産駒からキーンランドCに出走するのは、メイショウショウブ(牝4歳、栗東・池添兼雄厩舎)ただ1頭である。

 今年に入ってから2桁着順が続いていたメイショウショウブだが前走、札幌で行われたUHB賞(OP)で6着に入り、早くも“ダイワメジャー効果”を匂わせている。

 それでも前走、前々走で負けた相手と再戦するのでは、分が悪く感じられるだろう。だが、昨年の阪神C(G2)はグランアレグリア、フィアーノロマーノに次ぐ3着に好走。勝ち馬には大きく引き離されたが、2着馬とはタイム差なしだった。キーンランドCで上位人気が予想されるフィアーノロマーノと差のない競馬をした能力の高さは、侮ることが出来ない。

JRA武豊×ダイアトニックに「弱点」発見!? キーンランドC(G3)札幌芝1200mの傾向から浮上した意外な「穴馬」とは……の画像3

 また、横山典弘騎手に乗り替わりとなる今回は狙い目だ。先週の札幌記念(G2)でノームコアを見事な手綱さばきで勝利に導いた名手。実は、昨年のニュージーランドT(G2)でメイショウショウブとコンビを組んで2着に好走した実績もある。勢いと実績のある騎手だけに、援護射撃となるはずだ。

 人気薄が予想されるメイショウショウブだが、好走条件は整ったと言えるだろう。キーンランドCで押さえてみてはいかがだろうか。

JRA武豊×ダイアトニックに「弱点」発見!? キーンランドC(G3)札幌芝1200mの傾向から浮上した意外な「穴馬」とは……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!