NEW

パチンコ店員に「強烈なダメ出し」!? 「怒り爆発」寸前の状況を救った「正義の味方」とは

【この記事のキーワード】

, ,

パチンコ店員に「強烈なダメ出し」!? 「怒り爆発」寸前の状況を救った「正義の味方」とはの画像1


 接客に携わっている方が、客として訪れたお店に対して特別な感情を抱いてしまう事は、よくあると思います。

 例えば、飲食店で働いている方であれば、「接客はこうした方がいいのに」「盛り付け方がいまいち」など、サービスに対する評価が辛口になってしまう事もあるでしょう。

 それはパチンコ店においても同様です。私がホール店員だった頃も、つい他店の接客態度や遊技台の清掃などに目が行ってしまい「適当な接客だな」「もっとこうした方がいいのに」などと考えてしまう事もございます。

 職業柄そういう点が気になってしまうが故に、そう感じられるような「意識の低いホール」には極力いかないようにしていたのです。

 意図的に「スタッフの意識が高いホール」を選んでいたので「素晴らしい接客」を受けながら気分よく遊技を楽しめる事ができていたのですが…。

 そんなお店でも、常に満足のいく接客ができるわけではありません。時に「もどかしい対応」を受ける事もございます。

 今回は、私がお客として体験した「パニックに陥ったホール店員」のエピソードをご紹介しましょう。

 一般的に、遊技している際「玉やメダルが出ない」「台がエラーになって打てない」などの状況に陥った場合は、ホール店員を呼び出して対応してもらうと思います。

 私がパチスロを打っていたある日、ホッパーエラーが発生してメダルが出てこなくなりました。ホッパーとは、払い出されるメダルを台の中で貯め込んでおくタンクのようなものです。

 ホッパーの底にあるモーターが回転する事によって、メダルが払い出される仕組みとなっております。私は「ホッパーに異物が混入してエラーになったのかな」と、エラーの原因を考えながらホール店員を呼び出したのです。

 お客様を待たせないように、呼び出された台に向かって小走りで向かってきた男性スタッフ。「お待たせしました!直ちに対応しますので!」とハキハキとした口調で対応する様は、まさに接客のお手本ともいうべきものでした。

 テキパキと台を開け、慣れた手つきでホッパーを調べるスタッフを見て「優秀な店員さんだなあ」などと感心していたのですが…。

パチンコ店員に「強烈なダメ出し」!? 「怒り爆発」寸前の状況を救った「正義の味方」とはのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!