NEW

JRA新潟2歳S(G3)は4点でパーフェクト攻略達成!? 裏ルートで仕入れた“極秘ネタ”から浮上した激走馬は……?

JRA新潟2歳S(G3)は4点でパーフェクト攻略達成!? 裏ルートで仕入れた極秘ネタから浮上した激走馬は……?の画像1

 今週開催される新潟2歳S(G3)に「現場の声を重視するブロディN」が挑戦。

 なんでも切り替えが大事だ。先週の結果を受けて、言いたいことがある人もいるだろう。こちらだって辛すぎて、どうにかなってしまいそうなほどだ……。そんな空気を一掃するためにも、今週の新潟2歳Sで巻き返したい。

 今回「◎」を押したいのは、11番ショックアクション(牡2、栗東・大久保龍志厩舎)だ。

 阪神新馬戦(芝1400m)こそ3着に終わったが、続く新潟未勝利戦(芝1600m)で一変。好位追走から直線で抜け出すと、後続との差を広げてゴール。2着に4馬身差をつけて圧勝してみせた。

「初戦は出して行き過ぎてたため、脚を溜めることができませんでしたね。スタッフも『前走がこの馬の実力。メリハリの利いた走りでラストも弾けた。あの勝ちっぷりならここでも期待できる』と教えてくれました。

 すでに2回レースに出たこともあり、放牧の予定でしたが、『反動も少なく、具合もいいので使うことにした』とのこと。血統的に短距離向きですが、『この時期ならまだマイルもこなしてくれるはず』と語っていました」(栗東関係者)

 「○」印をつけるのはフラーズダルム(牝2、栗東・松永昌博厩舎)。

 阪神で迎えたデビュー戦(芝1600m)を快勝。騎乗した福永祐一騎手は、逃げ馬を見る形で2番手で運ぶと、最後の直線で先頭に。稍重の馬場を物ともせずに、上がり3ハロン最速35秒5の末脚で2着に4馬身差を付けて完勝。今後の飛躍も期待できる強い内容の競馬を展開した。

「初戦は先行抜け出しで危なげなく勝利。稽古では目立つ存在ではなかったので、スタッフも半信半疑だったみたいですが、終わってみれば圧勝。『センスのいい競馬だった。血統馬は侮ってはいけないね』と苦笑いしてました。

レース後は放牧に出されていましたが、そのおかげで馬体に幅が出てパワーアップ。『左回りも気になりません。メンバー的に物凄く評判になっている馬はいないので、早めに賞金を加算してローテを組みやすくしたい』と先を見据えていました」(栗東関係者B)

JRA新潟2歳S(G3)は4点でパーフェクト攻略達成!? 裏ルートで仕入れた“極秘ネタ”から浮上した激走馬は……?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!