NEW

JRA武豊×ダイアトニックを脅かす存在が明らかに!? キーンランドC(G3)「激アツ情報」で天候次第の「マル秘穴馬」も急浮上! 6点勝負で完全的中を狙う!

【この記事のキーワード】, ,

JRA武豊×ダイアトニックを脅かす存在が明らかに!? キーンランドC(G3)「激アツ情報」で天候次第の「マル秘穴馬」も急浮上! 6点勝負で完全的中を狙う!の画像1

 30日、札幌競馬場でキーンランドC(G3)が開催される。過去10年、1番人気の成績は【3,4,1,2】で連対率70%の高い安定感を示している。今年も1番人気は無視できない存在となりそうだ。

 過去10年の配当に目を向けると、3連単の平均配当が7万2290円。1番人気の連対率の高さの割には荒れやすいと言えるだろう。「強力現場ネタ」からキーンランドCをハナビ杉崎が攻略する。

 ちなみに先週の札幌記念(G2)は「◎→☆→〇」で決着。3連複は的中したものの、3連単は1、2着固定という愚策で的中を逃した。今回こそは完全的中を目指す。

 まず「◎」はダイアトニック(牡5歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

 前走の函館スプリントS(G3)は完勝と呼べる内容。58キロの斤量を苦にしておらず、今回は安心して見られそうだ。

「太りやすい体質なので1週間にしっかりと負荷をかけました。前走と同じくらいの馬体で臨めそうです。以前より競馬の内容に幅が出てきましたし、引き続き武豊騎手が騎乗するので、好勝負を期待していますよ」(厩舎関係者)

 今年は重賞を4戦して、すべて3着以内。高松宮記念(G1)では不利さえなければ、1着があってもおかしくない走りだった。ここでは格の違いを見せることになるだろう。

JRA武豊×ダイアトニックを脅かす存在が明らかに!? キーンランドC(G3)「激アツ情報」で天候次第の「マル秘穴馬」も急浮上! 6点勝負で完全的中を狙う!の画像2

 次に「〇」はイベリス(牝4歳、栗東・角田晃一厩舎)だ。

 昨年のセントウルS(G2)で3着に入って以降は不振が続いていた。だが、前走のUHB賞(OP)で3着に入り、復活の兆しを見せている。今年絶好調の横山武史騎手とのコンビ2戦目で、完全復活となるだろうか。

「馬の後ろに入れると良くないタイプで、現状では逃げる形がいいのかもしれません。それでも、前走は前が開いてから見せた伸び脚は収穫でした。今回はブリンカーを着用するので、効果に期待したいところですね」(厩舎関係者)

 先週の北九州記念(G3)では初ブリンカーのレッドアンシェルが勝利。2週連続で、ブリンカー効果が炸裂すれば、ダイアトニックに一矢報いることもできるだろう。

JRA武豊×ダイアトニックを脅かす存在が明らかに!? キーンランドC(G3)「激アツ情報」で天候次第の「マル秘穴馬」も急浮上! 6点勝負で完全的中を狙う!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「大失策」で伝統のG2が降格危機……かつてシーキングザパール、エルコンドルパサーら優勝も、近年は“ライバルG3”に完敗で崖っぷち
  2. JRA 武豊が大絶賛の「8冠ベビー」が遂にデビューも……大ショックのアクシデント発生!? 忍び寄る「復帰間近」福永祐一の影
  3. JRA 種付料No.1エピファネイアに「新たな疑惑」が浮上!? エフフォーリア・デアリングタクト輩出も今年が「試金石の一年」となるワケ
  4. JRA 「G1を勝てる」福永祐一、浜中俊も太鼓判!シルクロードS(G3)不振の三冠トレーナーが復活を託したのは菜七子世代の出世頭
  5. JRA 3年間「未勝利馬」が武豊で7馬身差圧勝!「ルールですので仕方ありませんが…」重賞勝ち馬がOPで除外問題!? 今年の重賞戦線、とんでもない「裏切り」記録が継続中【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA C.ルメールを超える「1月に弱い男」!? 今年48戦「連対ゼロ」も、根岸S(G3)で5年前のリベンジチャンス到来!
  7. JRA「単勝1倍台の馬の複勝よりも自信があります」霜降り明星・粗品のお気に入りホースが仕切り直しの一戦!「買い材料」満載でレアキャラまでも再登場か
  8. JRA母は「G1級」の華々しいデビューから無念の早期引退、「怪物候補」ウィズグレイスに待ったをかける知る人ぞ知る超大物の血
  9. JRA根岸S(G3)「メンバー唯一」条件クリアは実力に折り紙付きのG1馬! 前走敗因は前が壁でハッキリ、激走サインは見逃し厳禁
  10. JRA 関東リーディングのトップ5で「一家独占」が発生!? 同姓ゆえ起こったファンの思わぬ「勘違い」とは