NEW

JRA「単勝1.1倍」敗戦にC.ルメールも大ショック!? 超良血カランドゥーラの連敗に見えた「賞金王」モーリスの弱点とは

【この記事のキーワード】

,

JRA「単勝1.1倍」敗戦にC.ルメールも大ショック!? 超良血カランドゥーラの連敗に見えた「賞金王」モーリスの弱点とはの画像1

 29日、札幌競馬場で行われた1R・2歳未勝利戦は、2番人気のモリノカンナチャンが優勝。一方で、単勝1.1倍に推された良血馬カランドゥーラ(牡2歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が2着に敗れる“波乱”の結末となった。

 6頭立てで行われた芝1800mのレース。後方からのレースとなったカランドゥーラは早め先頭の勝ちに行く競馬だった。C.ルメール騎手が促して3コーナー辺りからスパートを開始し、抜群の手応えで先頭に躍り出た際は、誰もがこの馬の勝利を確信したに違いない。

 札幌の直線は短く、後続との差も3馬身以上あった。しかし、内々で脚を溜めていたモリノカンナチャンが一気に脚を伸ばすと、最後は並ぶ間もなく交わし切った。

 カランドゥーラの父は新種牡馬のモーリス。母ラストグルーヴは、1997年の年度代表馬エアグルーヴにディープインパクトが配合された超良血馬だ。主戦のルメール騎手も「能力は間違いなくある」と評価しており、来年のクラシックを意識させられる逸材。

 だが、まさかのデビュー3連敗となってしまった。

「勝ったモリノカンナチャンも、このコースで連続2着と決してチャンスがない馬ではなかったんですが、正直カランドゥーラが負けることは想像していませんでした。

というのもカランドゥーラは前走、格上挑戦したオープンのコスモス賞で2着。未勝利馬としては異例の存在だったので、単勝1.1倍という圧倒的な支持に繋がりました。3着以下は5馬身以上、突き放しているんですけどね……」(競馬記者)

 レース後、モリノカンナチャンの鞍上・横山和生騎手が「脚をためるイメージで乗りました」と語った通り、今回は勝ち馬の末脚に屈した形となったカランドゥーラ。決して悪いレース内容ではなかったのだが、記者曰く、そこにモーリス産駒の「弱点」があるという。

「ここまで(28日現在)2歳リーディングサイアーで賞金1位になるなど、順調な船出となっているモーリスですが、産駒は総じて末脚に切れがないパワータイプの印象です。

こういった種牡馬は下級条件までは良績を残しますが、末脚の切れがモノを言う大レースになると苦戦する傾向があります。モーリスもそうならなければいいんですが……」(同)

JRA「単勝1.1倍」敗戦にC.ルメールも大ショック!? 超良血カランドゥーラの連敗に見えた「賞金王」モーリスの弱点とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!