NEW

パチスロ「全6」の衝撃…「勝率90%」越えの「名作」をゲット!「激熱イベント」で「万枚を確信」も待ち受ける試練!?

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「全6」の衝撃…「勝率90%」越えの「名作」をゲット!「激熱イベント」で「万枚を確信」も待ち受ける試練!?の画像1

 パチンコ店が様々なイベントを行っていた頃、多くのファンが日付を気にしてホール選びをしておりました。

「7のつく日は○○の店がアツい」「ゾロ目の日は○○に行けば勝てる」などの話題で盛り上がっていたのは、私だけではないでしょう。

 現在はホールの広告宣伝が規制されてしまって「特定の日」を匂わせるイベントは行えない状況ではございますが、それでも「最も期待できる」という認識が色濃く残っている「特別な日」がございます。

 それは「7月7日」です。

 パチンコ界はもとより、世界中で「7」は幸運の数字として別格の存在感を放っております。「ラッキーセブン」のゾロ目となる年に一度の「7月7日」を特別視して、赤字覚悟の大盤振る舞いをするホールも多いでしょう。実際に私が勤めていた店も、通常営業より気合を入れていたこともありました。

 今年は特別な状況という事もあり、例年とは異なる賑わいだったと思います。ただ過去には、開店前の並びで「1000名を超える」ホールもございました。それだけ「7月7日」は特別な日なのですが…。

 それはヘビーユーザーと自負する私も同様です。昔は前日から店に並んで実戦した事もございました。

 今回は、私が並々ならぬ思いで「7月7日」に挑んだエピソードをご紹介しましょう。「地方遠征」「1000人との闘い!?」「パチスロ全6の衝撃」といったワードが当てはまります。

 時を遡ること約12年前、4号機がホールから撤去され『ジャンキージャグラー』や『新・吉宗』などの5号機が主流となっていた頃、私は立ち回りに苦労して負け続きの状態でした。

 当時はラーメン屋でのアルバイトが週に2~3日あるくらいで金銭的な余裕もなく、「これ以上負けられない」と焦りを感じておりました。「それなら打つな」と突っ込みたくなると思いますが、当時の私は「パチンコ・パチスロが人生の全て」という考えでしたので、誰にも止める事はできません。

「どうしたら勝てるかな」と下手なりに考えを巡らせていたある日、友人から興味深い情報が入ってきたのです。

「7月7日は○○って店が全6らしいぞ!」

パチスロ「全6」の衝撃…「勝率90%」越えの「名作」をゲット!「激熱イベント」で「万枚を確信」も待ち受ける試練!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事