NEW

JRA新潟記念、馬連1点勝負予想再び! 最強の馬主関係者情報。この情報で買い目を絞り込む!

1点的中を成し遂げる最強の馬主関係者情報とは?

 競馬予想において理想形は

「買い目を1点に絞ること」

 といって異論はあるまい。少ない購入点数であれば、資金が少なくてもいいし、多くの資金を1点に集中させることで、的中させた時の払い戻しが数倍にも跳ね上がるからだ。

 しかしこれは難解である。例えば競馬マスコミと呼ばれるスポーツ紙や競馬専門紙を見てみよう。その本誌予想は、すべてが多点予想で1点予想はまず見当たらない。馬連であれば8点前後が普通だ。

 これはアマチュアの競馬ファンとあまり変わりはない。これがプロである競馬マスコミの限界なのだろう。むしろ5点くらいに絞っている競馬ファンの方がいるくらいだから、スポーツ紙や競馬専門紙はどんな馬が出走しているのか、どんな成績なのかを確認する程度でいいかもしれない。しかしその確認のために1日あたり数百円、毎月数千円を費やすのは疑問も感じるが……。

 しかし簡単に「1点に絞って購入」といっても、最大で18頭出走するレースでそこまで厳選するのは容易ではない。ファンによっては「そんなのは無理」と考える方もいるだろう。

 しかしそんな不可能を可能とし、実際に数多くの「1点的中」を成し遂げているプロ集団がいることをご存じだろうか。それが「馬主関係者の情報」を独占的に扱う「トップシークレット」だ。

 競馬における馬主は競走馬の所有者という立場だけではなく、電話一本で関係者から真の情報を集められるほどの影響力がある。というのも、厩舎関係者や騎手にとって馬主は、馬を与えてくれる存在であり、馬に乗せてくれる存在だからだ。そんな馬主が馬券で儲かり、新たに馬を購入したり、馬に乗せてくれるなら、関係者は喜んで馬主に「馬券につながる情報」を提供するだろう。もちろんそれは何ら競馬法に違反するものではなく、お互いに「WIN-WIN」の関係なのである。

競馬界のトップに君臨する馬主

 このトップシークレットは全国の馬主関係者と提携することで、数多くの勝負情報を入手。厳選に厳選を重ねた「究極の1点予想」を競馬ファンに提供している。圧巻だったのは、8月9日に行われた重賞のエルムステークスだろう。トップシークレットの本命はタイムフライヤー、そして対抗に選んだのはウェスタールンド。ともに馬主はサンデーレーシングで結果はこの2頭が1着2着、同じ馬主のワンツーフィニッシュだったのである。トップシークレットはこの組み合わせの1点勝負を指示しており、馬連900円を1点的中、そして3連単9480円の好配当も同時に仕留めている。

 このエルムステークスで手にした払戻金はなんと合計13万7400円。多くのマスコミもこのレースを的中させているが、その馬連予想点数は6~8点が多く、トップシークレットの1点予想とは比較にもならない。やはり1点予想によって資金を厚めに投入することが、多くの払い戻しを手にすることにつながるのだ。

 今週は新潟競馬場でサマー2000シリーズ最終戦の新潟記念が行われる。過去10年すべて万馬券決着、しかも10万馬券は7本、馬連万馬券も4本飛び出すような波乱のレースである。過去にブラストワンピースやユーキャンスマイルといった実績馬が勝利しても万馬券決着となっており、今年も波乱含みと言っていいだろう。

 そんな難解なレースだが、なんとこの「トップシークレット」はすでに「馬連1点勝負」を宣言しているのだ。出走馬も枠順も確定していないこの時点で、難解な新潟記念の1点勝負を宣言できるというのは、まさしく

「1点勝負を宣言できるだけの根拠となる情報を掴んでいる」

 からに他ならない。つまりこの新潟記念は、トップシークレットの情報を活用すれば、エルムステークスで獲得した13万円を超えるような払い戻しが期待できるかもしれないレースなのだ。

新潟記念の1点勝負は必見!

 加えて彼らは万馬券となった札幌記念でも、人気薄ペルシアンナイトの激走を見抜いて的中させており、夏競馬の傾向はガッチリ掴んでいるといっていい。そんなプロが1点勝負を宣言するのだから、その手応えと自信度は並大抵のものではないだろう。しかも彼らはこの新潟記念に関して

「完全的中をお届けしたエルムステークス以上の確信度と配当妙味がありますよ。まさにこの夏最大の注目レースであり、大勝負の一戦。あの興奮と感動を再び競馬ファンの皆様にお届けしたいですね」

 と語っている。さらに驚くべきことに、トップシークレットはこの「新潟記念の一点勝負情報」を「無料で提供」することを決めたという。これは、競馬ファンであれば誰もが知りたい「一点勝負情報」を無料で手に入れることができる絶好のチャンスといえる。そしてエルムステークスの的中を体験できなかった人にとっても、朗報と言って間違いない。

 トップシークレットは今年8月で実施した馬連完全1点提供にて、1750円・1310円・900円・720円・640円と驚異の的中を連発している。この馬連平均的中配当は1066円であり、つまり的中時の平均回収率は驚愕の1066%にも達する。仮にこれらのレースで馬連1点あたり1万円を購入していれば、その払い戻しの合計はなんと53万3000円。投資金の5万円を差し引いても48万3000円の利益となる。まさに恐るべし1点勝負。これがマスコミのように多点購入であれば、的中させるまでに資金が潰えてしまう。やはり「1点勝負こそが競馬予想の理想形」と言っていいだろう。

 今週行われる新潟記念は、トップシークレットが「1点勝負の無料提供」を実施する。しかも配当妙味も高いのだから期待は高まるばかり。読者の皆様もこのチャンスを絶対に逃さないよう、ぜひとも注目していただきたい。

CLICK→【無料公開!新潟記念・馬連1点勝負】トップシークレット

※本稿はPR記事です。

JRA新潟記念、馬連1点勝負予想再び! 最強の馬主関係者情報。この情報で買い目を絞り込む!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!