NEW

JRAコントレイル、デアリングタクト「3冠」阻止の刺客は「上がり馬」から!? 夏に力をつけた素質馬たちに要注目

・ウインキートス(牝3、美浦・宗像義忠厩舎)

 今年に入って勝ち味が遅い競馬が続いていたものの、距離延長して挑戦した前走のルスツ特別(1勝クラス、芝2600m)で2着に3馬身差をつけて勝利。今後も中長距離で期待が集まる。

・ビアイ(牝3、栗東・田所秀孝厩舎)

 スプリント戦で逃げて2連勝。前走の佐世保S(3勝クラス)では出足がつかず5着に敗れたが、これからまだ巻き返しは十分可能なはずだ。

・メイショウミモザ(牝3、栗東・池添兼雄厩舎)

9連敗中だったが、夏の函館で3馬身半差の快勝。昇級戦も連勝し、本格化を印象付けている。

・エンデュミオン(牡3、栗東・清水久詞厩舎)

 3歳牡馬の「最先着馬」が、クラシック最後の1冠・菊花賞(G1)で好走した実績がある阿賀野川特別(2勝クラス)で2着。秋のローテーションに注目が集まる。

・メイショウカズサ(牡3、栗東・安達昭夫厩舎)

 9戦目となった6月の未勝利戦(ダ1800m)で待望の初勝利。その後、これまでの不振が嘘のように条件戦で連勝。前走の九州スポーツ杯(ダ1700m)では2着に4馬身差をつけて逃げ切り勝ちを収めた。

・アスターマリンバ(牡3、栗東・中竹和也厩舎)

 8月に新潟ダート1800mを2連勝。前走の瀬波温泉特別では2番手追走から最後の直線で逃げ馬を交わして優勝。今後にはずみをつけている。

・リスペクト(牡3、美浦・奥村武厩舎)

 2月に未勝利戦を勝利後、条件戦で2度の2着を挟んで、挑戦した開成山特別(芝2600m)を勝利。今後が楽しみな逸材。

・ヒナノコバン(牡3、美浦・本間忍厩舎)

 連戦連敗。未勝利でキャリアを終えるかと思いきや、格上挑戦となった前走の3歳以上1勝クラス(芝1800m)で、13番人気ながら勝利。波乱の立役者となったこの1戦を機に、一変なるか。

・マックス(セ3、栗東・中内田充正厩舎)

 3戦目となった3歳未勝利(阪神ダ1400m)、続く3歳以上1勝クラス(ダ1700m)をともに逃げ切り勝ち。セン馬なので使うレースは限られるものの、この勢いは本物だ。

 夏に力を付けた上がり馬たちが、実績馬たちを相手にどんなレースを見せるのだろうか。秋以降のレースが待ち遠しい。

JRAコントレイル、デアリングタクト「3冠」阻止の刺客は「上がり馬」から!? 夏に力をつけた素質馬たちに要注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!