NEW

JRA新潟記念(G3)カデナ「鬼脚炸裂」の大チャンス到来! 展開不向きの宝塚記念(G1)は度外視可能!?

【この記事のキーワード】

,

JRA新潟記念(G3)カデナ「鬼脚炸裂」の大チャンス到来! 展開不向きの宝塚記念(G1)は度外視可能!?の画像1

 6日(日)、夏競馬を締めくくる重賞・新潟記念(G3、芝2000m)が行われる。今年も秋競馬での飛躍を見据えた馬たちが参戦しているが、カデナ(牡6、栗東・中竹和也厩舎)もそのうちの1頭だ。

 今年2月の小倉大賞典(G3、芝1800m)では、後方待機策から最後の直線で上がり3ハロン最速35秒1の末脚を繰り出して優勝。17年の弥生賞(G2)以来となる約3年ぶりの勝利を飾った。

 その後、向かった大阪杯(G1)でも最後方から切れ味鋭い末脚を武器に4着と健闘。馬券圏内までは0秒1差届かなったものの、上位陣を脅かす走りを見せた。だが、続く宝塚記念(G1)では得意の後方からの競馬をするも振るわず、12着と惨敗を喫している。

「新潟競馬場は、先週から1000m戦以外の逃げ切りはナシ。開催が進んで馬場が傷んできたことも影響しているのか、完全に差し馬有利の傾向が出てきているようです。

 カデナは昨年の新潟記念で上がり最速タイの脚を使って3着。新潟開催最終日となれば、さらに馬場も荒れているはず。カデナにとってはこれ以上ないほど展開が向いてきた感がありますね」(競馬誌ライター)

 重賞4勝目を狙うカデナは栗東の坂路で1週前追い切り。力強い走りで4ハロン53秒4、ラスト12秒5をマークしており、調整は順調に進んでいると見て良さそうだ。

「カデナは今回の新潟記念で、メンバー最重量となる58キロの斤量を背負うことになりました。今年の宝塚記念で58キロを背負い12着、また昨年の天皇賞・秋(G1)も斤量58キロで出走し、13着に終わっています。

 ただこれは斤量以前に、G1のメンバー相手に力負けと考えたほうがよさそうです。今回のメンバー相手で、さらに差し有利の新潟ならば、58キロを背負っても五分に戦うことができるはず。ここは期待してもいいのではないでしょうか?」(競馬記者)

 1年ぶりに訪れた越後の地で、見る者の度肝を抜く大胆な大外一気が炸裂することに期待したい。

JRA新潟記念(G3)カデナ「鬼脚炸裂」の大チャンス到来! 展開不向きの宝塚記念(G1)は度外視可能!?のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!