NEW

パチンコ界も席巻した「超大物」…まさに「社会現象」となった「歴史的」一台!!

【この記事のキーワード】

,

パチンコ界も席巻した「超大物」…まさに「社会現象」となった「歴史的」一台!!の画像1

 気がつけば、何度目かの韓流ブーム。

 新型コロナウイルスに端を発した動画配信サービスの隆盛を受け、「愛の不時着」や「梨泰院クラス」の韓国ドラマが大人気となり、ガールズグループの発掘・育成をする「Nizi Project」が旋風を巻き起こし。

 少し前には韓国人監督が史上初となる外国語映画によるアカデミー賞の作品賞を獲得するなど、韓国のエンタメが激アツなのである。BTSやBLACK PINKの世界的活躍は言うまでもないだろう。

 かくいう私も以前より韓国映画が好きで、「オールドボーイ」や「息もできない」、「殺人の追憶」といったスリリングで暴力的なノアールの世界に没入するのである。

 こういった韓国映画にハマったきっかけを思い起こすと、結局はヨン様に行き着くのである。要は、「冬ソナ」に端を発した韓国大衆文化の流行、世にいう韓流ブームで、2003年の出来事である。韓国ドラマの持つ不思議な中毒性は瞬く間に日本を冒し、世のおばさま方はこぞって韓国の男前俳優を追いかけるのである。

 そんなブームの火付け役「冬ソナ」はパチンコでも登場する。ドラマ放映開始から3年遅れてのリリースにも関わらず、その話題性はパチンコと縁のない一般社会にまで鳴り響き、くだんのおばさま方がホールへ殺到するような事態になったのである。

 もちろん、コンテンツが本来持つ強度による人気が本気でえぐかったという事情もあるが、そんなことには一切興味のないピュアパチンカーたちにも本機が受け入れられたのは、やはり単純にパチンコとして面白かった、完成度が高かった故であろう。

 スペックはいたってシンプルで、大当り確率が1/317で確変率が62%のループタイプのミドルマシンとなる。『海物語』に近似する、外連味のない王道スペックといえるだろう。ただ、確変62%のうち18%が突確という特徴を持っていた。

 この突確が絶妙で、ドラマの肝となる「突然の交通事故」を突確になぞらえて展開したのである。エヴァにおける暴走モードのようなもので、原作の世界観とパチンコのゲーム性を見事に融合させた演出となっているのである。

 この演出を筆頭に、ドラマの要素をパチンコ演出として巧みに落とし込んだ珠玉のデジタルアクションに多くのパチンコファンが引き込まれていった。「ヨーモニー」はその最高到達点ではないだろうか。

パチンコ界も席巻した「超大物」…まさに「社会現象」となった「歴史的」一台!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!