NEW

JRA矢作芳人調教師「崖っぷち」リスグラシュー妹に秘策! 3歳未勝利脱出へ中央「スルー」し盛岡へ

【この記事のキーワード】

,

JRA矢作芳人調教師「崖っぷち」リスグラシュー妹に秘策! 3歳未勝利脱出へ中央「スルー」し盛岡への画像1

 9月に入り、夏競馬も今週がラストウィークとなる。

 来週からは多くの競馬ファンが待ち望んだ秋競馬に突入する訳だが、この時期に関係者が頭を悩ませるのが「3歳未勝利馬」への対応だ。

 夏競馬と同様に、今週が最後となる今年の3歳未勝利戦。一昨年までは、秋の4回阪神、4回中山の最終日まで3歳未勝利戦を実施していたのだが、昨年からは夏の2回札幌、2回新潟、2回小倉の最終日までと、1ヵ月ほど期間が短くなった。

 さらに、3歳以上の未出走馬および未勝利馬が、新馬競走を除いた平地競走において3走連続して9着以下になった場合、2ヵ月間平地競走に出走できないというルールも追加。いわゆる「スリーアウト」ルールと言われるものだが、これらによって3歳未勝利馬の状況は以前より過酷になっているのである。

 そして今回、早々に出走できない状況を見極め、「秘策」に打って出たのが矢作芳人調教師だ。

 地方競馬で唯一の芝レースがある盛岡競馬。7日(月)、その芝レースをターゲットに出走してくるのが、リスグラシューの妹リリレフア(牝3歳、栗東・矢作芳人厩舎)である。

 本馬はデビューからの2戦をともに4着と健闘していたが、今年の2月に左前膝の形を整えた方が良さそうとの診断で、骨のクリーニング手術が実施された。

 その後、8月になってようやく復帰を果たしたが、結果は8着と惨敗。6着以下に敗れた事によって、近2週は非当選除外を受けていた。

 今週の3歳未勝利戦で敗れた馬や、本馬のように出走すら叶わなかった馬。それらの競走馬が再度JRAで出走するには、以下のような方法がある。

[1]未勝利の身でありながら、1勝クラスへ格上挑戦する。
[2]地方競馬へ転厩して3勝し、JRAへの再転厩を目指す。
[3]JRAに所属しながら、地方指定交流競走で1着になる。

 上の1勝クラスでも能力が勝る馬であればJRAで格上挑戦をする事も可能であるし、地方競馬へ転厩して3勝すればJRAへの再転厩も可能だ。

JRA矢作芳人調教師「崖っぷち」リスグラシュー妹に秘策! 3歳未勝利脱出へ中央「スルー」し盛岡へのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!