NEW

欅坂46メンバーの「激ヤバ映像」にファン驚愕!? 過去には放送ギリギリの「長澤まさみモノマネ」も!

【この記事のキーワード】

, ,

欅坂46メンバーの「激ヤバ映像」にファン驚愕!? 過去には放送ギリギリの「長澤まさみモノマネ」も!の画像1

 欅坂46メンバーの「衝撃映像」が話題だ。

 8月30日深夜放送の欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)にて、2期生による「運動能力チェック」企画を実施。その中で、1期生・尾関梨香の過去映像が流れ、ファンを改めて驚かせた。

「その映像は、約4年前に行われた50m走のときのもの。腕を広げて顎を上げながら走る尾関の姿に、スタッフが『ヤバい!ヤバい!』と叫び声を上げるほどの衝撃VTRでした。

この個性的な走り方をMCの土田晃之がオゼキスタイルと命名し、そのキャッチコピーは番組内に限らずファンにも普及。とあるECサイトでは、“OZEKI STYLE”と書かれたデザインのTシャツやパーカーが商品化されています(笑)」(芸能ライター)

 その後の別企画でも、独特なキャラクターを発揮している尾関。私服企画では、全ての季節を織り交ぜた個性的なファッションセンスを披露。モノマネ選手権では、「ずっと笑い続ける長澤まさみ」というモノマネに挑戦し、本人とは似ても似つかない狂気的なモノマネでスタジオ内を震撼させるなど「尾関スタイル」はグループ内で唯一無二のキャラを確立した。

 だが、そんな尾関に強力なライバル(?)が現れたという。

「後輩で2期生の大沼晶保ですね。『スキップ20m走』では、2期生の多くが独特な走りをしていたのですが、その中でも特に目立ったのが大沼。学生時代に “ティラノサウルス”と名付けられた力強い走りは、視聴者をアッと驚かせました。一部ファンからは『尾関の後継者候補』との声も上がっていますよ(笑)」(同)

 10月のラストライブをもって、5年間の歴史に幕を下ろし、新たなグループ名に改名して再スタートする欅坂46。今後はこれまでのクールなイメージを残しつつ、尾関を筆頭する個性的な面々ともにバラエティ路線での活躍にも期待したいところだ。

欅坂46メンバーの「激ヤバ映像」にファン驚愕!? 過去には放送ギリギリの「長澤まさみモノマネ」も!のページです。GJは、エンタメ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!