NEW

剛力彩芽、独立後は「ぶっちゃけキャラ」全開!? “必死の話題作り”にファンは塩対応…

【この記事のキーワード】

剛力彩芽、独立後は「ぶっちゃけキャラ」全開!? 必死の話題作りにファンは塩対応…の画像1

 2013年のドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』(フジテレビ系)に主演するなど、10年代前半に人気を集めた女優・剛力彩芽

 近年では、18年に元ZOZO社長で実業家の前澤友作氏との交際が報じられたほか、今年8月をもって所属事務所のオスカープロモーションを退社したことが注目を集めるなど、芸能活動以外の話題も多い彼女の“衝撃の告白”が話題になっている。

 剛力は1日、バラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。『剛力彩芽のヤバイ問題続出SP』というコーナーの中で、共演したYouTuber芸人・フワちゃんとの共通点を指摘されることとなった。

 この中では剛力もフワちゃんも幼少期から人前が好きだったことや、小学校や中学校にかけて、それぞれの“暗黒時代”があったことなどが共通していたという。しかし、中でも注目を集めたのは、両者ともに下着が嫌いだという点だ。

 剛力は10歳当時の写真が映されるなか「最初はモデルになりたかったんですよ」と切り出し、身長を伸ばしたかったと告白した。続けて「女性らしくなると、身長が伸びにくくなると言われてから、できれば下着もつけたくないし」と、背を伸ばすために下着を着けない習慣ができたことを打ち明け、現在も自宅では「下着をつけてないです」としていた。

 この件について、ネット上では「ちょっとドキッとする」「こういうエピソードを語るのはすごい」というポジティブな声もあるものの、「家で下着をつけてないなんていう確認できないエピソードを語られても困るよね」「生々しい話されてもちょっと気持ち悪い」と拒否感を抱いたという声も多く、賛否両論。

 中には「そもそも、下着をしてても身長の伸びって関係なさそうじゃない?」と、下着をつけなくなった理由についてのツッコミや、「事務所を辞めたから話題作りに必死なのかな」と、オスカーを退社したことで、注目を集めるためにやっているのではないかとする声などもあがっている。

「いや、わざわざ話題作りをする必要もない気もしますね。剛力さんはMCとしてレギュラー出演する『奇跡体験! アンビリバボー』(フジテレビ系)も現時点では続投していますし、退社後スグに“干された”状況になる見通しはないですしね。

むしろ、今までオスカーがガードを固くしすぎていたという部分はあるのかもしれませんよね。もともと、オスカーでは25歳まで恋愛禁止という不文律があるほか、剛力が露出の多かった2010年代前半は『ゴリ押しではないか』という批判も多かったことから、スキャンダルを起こさないように徹底的に事務所がガードしていたという話も伝わっています。

彼女ももう28歳ですし、前澤氏との交際が報じられた通り、もう恋愛禁止は解かれているのでしょうが、今回のような発言は、事務所を辞めたからこそ自由にできるようになったという側面もあるのでは」(芸能ライター)

 前澤氏と剛力は一度破局が伝えられたが、現在は復縁。退所後に所属する個人事務所も、前澤氏の支援によって設立されたものとされている。今回のような自由な発言ができるようになった今、前澤氏とのゴールインも十分可能性があるのではとも考えられるが……。今後に注目したい。

剛力彩芽、独立後は「ぶっちゃけキャラ」全開!? “必死の話題作り”にファンは塩対応…のページです。GJは、エンタメ、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!