NEW

JRA新潟記念(G3)夏の2000王者に輝くのは大魔神佐々木ブラヴァスか、それとも100万馬券のアールスターか? サマー2000シリーズ最終戦展望!

【この記事のキーワード】,

JRA新潟記念(G3)夏の2000王者に輝くのは大魔神佐々木ブラヴァスか、それとも100万馬券のアールスターか? サマー2000シリーズ最終戦展望!の画像1

 サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念が、今週日曜日に行われる。このサマーシリーズはJRAが夏競馬を盛り上げるため、そして厩舎関係者の目標とするために始めた、今年で15年目となる夏限定の企画だ。

 サマー2000シリーズは「七夕賞・函館記念・小倉記念・札幌記念・新潟記念」の5レースを対象とし、着順に応じて与えられるポイントの獲得数を競うもの。そしてチャンピオンには、褒賞金として馬主は3200万円、厩舎関係者は800万円を得ることができる。これは1着賞金4000万円の重賞を勝利するのと同等の金額であり、なかなか美味しい企画といえるだろう。

 過去14回のサマー2000シリーズチャンピオンは以下のとおりだが、昨年は史上初の該当馬なしという結果だった。

2006年 スウィフトカレント
2007年 ユメノシルシ
2008年 ミヤビランベリ
2009年 ホッコーパドゥシャ
2010年 ナリタクリスタル
2011年 イタリアンレッド
2012年 トランスワープ
2013年 トウケイヘイロー
2014年 マーティンボロ
2015年 ダービーフィズ
2016年 アルバートドック
2017年 タツゴウゲキ
2018年 メドウラーク
2019年 該当馬なし

 そして2020年のポイント上位10頭は以下のとおり。

1位 ノームコア     12pt
2位 アドマイヤジャスタ 11pt
3位 アールスター    10pt
3位 クレッシェンドラヴ 10pt
5位 ペルシアンナイト  6pt
6位 アウトライアーズ  5pt
6位 サトノガーネット  5pt
6位 ドゥオーモ     5pt
6位 ブラヴァス     5pt
6位 ラッキーライラック 5pt

 サマー2000シリーズで優勝するには最低13ptの獲得が必要。ゆえに札幌記念を勝利して現在12ptで1位のノームコアは、最終戦の新潟記念に出走しないため該当しない。さらに上記の10頭の中でノームコア以外にも

アドマイヤジャスタ
クレッシェンドラヴ
ペルシアンナイト
アウトライアーズ
ドゥオーモ
ラッキーライラック

 のポイント上位馬は新潟記念に出走しないため、サマー2000シリーズのチャンピオンになれるチャンスの馬は主にアールスター、ブラヴァス、サトノガーネットの3頭に絞られることになった。

 アールスターはロードカナロア産駒の5歳牡馬で、前走の小倉記念を10番人気で勝利。3勝クラスで凡走していたが、いきなり格上挑戦で重賞初制覇を決めた。全18戦で掲示板を外したのは5回のみと堅実派でもある。斤量が前走より3kg増えるのがネックか。

 ブラヴァスは大魔神で知られる元プロ野球選手・佐々木主浩氏の所有馬。父キングカメハメハ母ヴィルシーナという良血馬で、前走の七夕賞は2着に好走。新潟リーディング濃厚な福永祐一騎手が騎乗するのも心強い。

 サトノガーネットはディープインパクト産駒で、中日新聞杯(G3)勝ちの実績がある5歳牝馬。小倉記念は最速の上がりで好走し、アールスターとともに100万馬券を演出した。鞍上の坂井瑠星騎手は、先週のキーンランドC(G3)をエイティーンガールで勝利と勢いに乗っている。

JRA新潟記念(G3)夏の2000王者に輝くのは大魔神佐々木ブラヴァスか、それとも100万馬券のアールスターか? サマー2000シリーズ最終戦展望!のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  6. JRAアイドルと現役最強馬を産んだ「偉大なる母」が5年ぶりの受胎! 交配相手は故・岡田繁幸氏が絶賛した血筋を引く新種牡馬
  7. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  8. JRAエフフォーリアがコケても「信頼度」は揺るがない!? ディープインパクト産駒もついにラストクロップ…ロケットスタートで政権交代を猛アピール
  9. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?