NEW

西川貴教、23歳年下美女との“再婚を決めた理由”に批判殺到!? 「奥さんを介護士だと思ってる?」「古いし封建的」と苦言相次ぐ

【この記事のキーワード】

西川貴教、23歳年下美女との再婚を決めた理由に批判殺到! 「奥さんを介護士だと思ってる?」「古いし封建的」と苦言相次ぐの画像1

 歌手のT.M.Revolutionこと西川貴教が8月末、かねてから交際を報じられていた23歳年下の元フリーアナウンサー・Aさんとの再婚を発表。最初に熱愛をスクープした『FRIDAY』(講談社)が祝福のために直撃したが、そこで発された西川のコメントに「前時代的」「奥さんを何だと思ってるのか」などと批判が続出する事態が起きている。

 熱愛が最初にスクープされたのは2018年。お相手のAさんはフリーアナとして活動する一方、西川よりも背が数センチ大きいスラリとしたスタイルを武器に男性誌グラビアでも活躍し、当時は「神ボディ」と称されていた。

 ところが、この熱愛報道にAさんの母親が激怒。自身が経営する会社のブログで「私の次女がこのような騒動を起こし大変ご心配ご迷惑おかけしました」と謝罪しつつ、西川に対して「この相手の方、どこの誰だか私は全く知りません」「一言の詫びも挨拶もこの雑誌が出た今でさえ一切ありません。社会人として終わっています」と怒りをあらわにしていた。

 今回、4日付の『FRIDAYデジタル』の記事で同誌の記者が祝福に駆け付けると、西川は「彼女の御両親にはゆっくり御挨拶させていただこうと考えていたのに、あの記事が出たおかげで……話をややこしくしたのはそっちですからね(笑)」とジョーク交じりに苦言。だが、その後に西川がしっかりと挨拶をしたことで誤解は解け、お相手の家族とは打ち解けたという。

 入籍した8月29日は、西川の母親の三回目の命日でもある。西川は、再婚を決めた理由のひとつとして「彼女は残された僕の父や祖母の面倒を献身的に診てくれる。直接、連絡を取り合って、必要とあらば僕の地元の滋賀に行って、入院の手続きまでしてくれる」などとコメントしている。

 しかし、この発言に女性層から批判が殺到。ネット上では「お嫁さんを介護士かなんかと思ってるの?」「本音なんだろうけど、ちょっと昭和感が否めない」「親の面倒を見てくれる家政婦みたいに奥さんを見ているのでは」「奥さんの良さをアピールするのに真っ先に『介護』が出てくるのが古いし封建的」といった厳しい意見が多数飛び交っている。

 さらに「この年代は親の介護してくれる若い女性を選びたがるよね」「西川さんは好きだけど二回り下って引いてしまう」「母親の命日に入籍というのもちょっと……」といった声も。西川のニュースに対し、これだけ批判的な意見が続出するのは珍しい。

「そもそも、今月50歳を迎える西川さんが二回りも下の20代美女を再婚相手に選んだこと自体に一部で反発があり、そこに『家族の面倒を献身的に診てくれる』発言が油を注いで炎上してしまったようです。芸能界屈指の好感度の高さで知られる西川さんですら地雷を踏んでしまうのですから、お相手に若い女性を選ぶのは一定のリスクがつきまとうようですね」(芸能ライター)

 PUFFYの吉村由美と02年に離婚してから、18年間も独身を貫いてきた西川が再婚を決断したほどなのだから、お相手の女性の魅力はたくさんあるのだろう。だが、新婚の身で「家族の介護問題」が口をついて出てしまうのもアラフィフ男性のリアルな本音といえるのかもしれない。

西川貴教、23歳年下美女との“再婚を決めた理由”に批判殺到!? 「奥さんを介護士だと思ってる?」「古いし封建的」と苦言相次ぐのページです。GJは、エンタメ、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!