NEW

パチスロ「光るリールは美しかったけど…」~2号機名機伝説「アメリカーナX-2」前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.17】

【この記事のキーワード】

, ,

パチスロ「光るリールは美しかったけど…」~2号機名機伝説「アメリカーナX-2」前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.17】の画像1 
 

 近年、パチスロメーカーの最大手といえば、誰もがいの一番に挙げるのが、ユニバーサルエンターテインメントであろう。

 関西メーカーが圧倒的な勢力を誇っていた0号機時代、数少ない関東メーカーとして奮闘。傘下にメーシー販売や瑞穂製作所といったブランドを擁することで販路を拡げ、1号機の時代にはすでに業界トップの座に君臨していた。

 そんなユニバーサルの2号機第1弾として1988年にリリースされたのが、『アメリカーナX-2』である。

パチスロ「光るリールは美しかったけど…」~2号機名機伝説「アメリカーナX-2」前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.17】の画像2

 

「アメリカーナ」という機種名は、1980年にリリースされた同社初の箱型機に由来する、歴史あるもの。

 ネーミングのとおり星条旗をモチーフとしたしたパネルのデザインは、当時としては非常に斬新なものだった。

 そしてさらに画期的だったのが、史上初となるバックライトを搭載した自照式リールユニット。

 いまではリールが光るなんてアタリマエなことなのだが、当時としてはまさに大革命。4号機時代の半ば頃まで、同社の専売特許だったのである。

 サウンドのクオリティも、当時としては群を抜いていた。大口径のスピーカを搭載し、低音から高音までよどみなく再生されるその様は、さながら高価なオーディオ機器のよう…と言うと、ちょっと大げさが。

 そもそもユニバーサルという会社は、ジュークボックスを輸入・販売やメンテナンスから始まったという経緯があり、とにかく音に対するこだわりが昔から強かった。現在のバズーカ筺体は、その集大成といえるだろう。

 仕様は、BR両ボーナスを搭載した、非常にオーソドックスなAタイプ。2号機から許可されたフルーツ(小役の集中役)やシングルボーナスは搭載されておらず、天井が無くなっただけで良くも悪くも1号機と何ら変わらない「フツーのパチスロ」だった。

パチスロ「光るリールは美しかったけど…」~2号機名機伝説「アメリカーナX-2」前編~【アニマルかつみの回胴青春時代Vol.17】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!