NEW

JRA新潟記念(G3)堀宣行調教師「全10場重賞制覇」へ代打岩田! 偉業達成を懸けたサトノダムゼル「イン強襲」で剛腕復活か!?

【この記事のキーワード】, ,

JRA新潟記念(G3)堀宣行調教師「全10場重賞制覇」へ代打岩田! 偉業達成を懸けたサトノダムゼル「イン強襲」で剛腕復活か!?の画像1

 6日(日)、新潟記念(G3)にサトノダムゼル(牝4歳、美浦・堀宣行厩舎)が出走を予定している。

 半兄にケンタッキーダービー(G1)とドバイワールドカップ(G1)を制したアニマルキングダムがいるという血統馬だ。

 サトノダムゼルは社台ファームで生産され、「サトノ」の冠名でお馴染みの里見治氏によって庭先で購入された。里見治氏の所有馬で社台ファームの庭先取引馬といえば、最近でも日本ダービー(G1)で4着と健闘したサトノインプレッサがいるなど、大成する可能性が高いラインだ。

 本馬はデビューこそ遅れたが、経験馬相手に初戦から3連勝。押せ押せで挑んだ秋華賞(G1)こそ13着と惨敗したが、その後は2着、1着でオープン入り。ここに来て「大成ライン」に乗せてきた。

JRA新潟記念(G3)堀宣行調教師「全10場重賞制覇」へ代打岩田! 偉業達成を懸けたサトノダムゼル「イン強襲」で剛腕復活か!?の画像2

 今回、堀厩舎からは本馬とジナンボーが出走を予定。サトノダムゼルの主戦であるM.デムーロ騎手がジナンボーに騎乗する為、本馬には岩田康誠騎手が騎乗する事となる。

「堀厩舎の馬に岩田騎手が騎乗する事はほとんどなく、今年はこれが初騎乗となります。今回の騎乗は恐らく里見オーナーからの依頼ではないでしょうか。姉サトノメサイアと相性の良かった岩田騎手ですから、その流れで今回の依頼に至ったんだと思いますよ」(競馬記者)

 2015年以降、この組み合わせでの成績は以下の通りとなっている。

里見治氏×堀宣行調教師×岩田康誠騎手
———————————————————————-
馬主(レース時) 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値
———————————————————————-
里見治 1- 2- 0- 2/ 5 20.0% 60.0% 60.0% 42 74
———————————————————————-

 連対率は60%と優秀だが、この3連対は全てサトノダムゼルの姉、サトノメサイアで残した成績となっている。

「里見オーナーが今年に入ってからJRAで所有馬を出走させた回数は208回あるものの、岩田騎手が里見オーナーの馬に騎乗したのは2回と決して多くありません。以前は数多くの騎乗を依頼されていた岩田騎手ですが、以前ほど関係者の信頼を得られていないのかもしれません」(同)

 そんな岩田騎手の成績は、2006年の145勝がピーク。それ以降は2010年を除いて、2015年までの間100勝以上を継続してきたが、2016年以降は100勝を割っている。

「今年に限っては8月30日時点で32勝と、50勝がやっとのペースです。近年は外国人騎手や新人騎手の台頭も顕著ですからね。世代交代の感は否めません……」(同)

 岩田騎手の成績は心配であるが、ここは「社台庭先」×「サトノ」という「大成ライン」である。

 この新潟記念は堀調教師にとって、史上7人目のJRA全10場重賞制覇がかかるレースであるが、ここで勝利を飾り信頼を取り戻せるのか……。

 岩田騎手といえば「イン強襲」がお家芸。内枠に入った本馬なら、剛腕復活も期待できそうだ。

JRA新潟記念(G3)堀宣行調教師「全10場重賞制覇」へ代打岩田! 偉業達成を懸けたサトノダムゼル「イン強襲」で剛腕復活か!?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  2. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  3. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  7. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  8. JRA「大差レコード負け」からジョッキーも信じられない奇跡!? 約2年20戦の時を経て「2着馬」が10馬身差の圧勝でレコード再更新
  9. JRAレシステンシアに起きた元・主戦騎手との「運命」の交差…すれ違いの骨折判明で「最後の秋」の出走は
  10. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦