NEW

JRAサートゥルナーリア妹が「1200m」で覚醒! 夏の「上がり馬」ファーストフォリオが連勝!

JRAサートゥルナーリア妹が「1200m」で覚醒! 夏の「上がり馬」ファーストフォリオが連勝!の画像1

 5日、札幌競馬場で行われた札幌スポニチ賞(2勝クラス)は、3番人気のファーストフォリオ(牝3歳、栗東・須貝尚介厩舎)が優勝。これで2連勝と、飛躍の秋へ超良血馬がようやく軌道に乗ってきた。

 16頭立てで行われた芝1200mのレース。好スタートを決めたファーストフォリオは無理せず好位から。最後の直線で前が塞がれるシーンがあったが、狭い所を割って先頭に立つと、最後はデルマカトリーナの追撃をしのぎ切った。

 ファーストフォリオの母は日米のオークスを制したシーザリオ。兄には菊花賞(G1)とジャパンC(G1)を勝ったエピファネイア、皐月賞馬のサートゥルナーリア、2歳王者リオンディーズなどがいる超良血馬だ。

 生まれながらにして大舞台での活躍が期待される血統馬だが、デビュー2戦目のエルフィンS(L)で、後の二冠馬デアリングタクトに完敗し、それ以降は1400m以下を使われていた。

「G1馬の兄弟の中でも、朝日杯フューチュリティS(G1)を勝ったリオンディーズと同じキングカメハメハ産駒ということで、どちらかといえば短い距離があっているのかなと思っていましたが、まさか1200mで連勝するとは思っていませんでした。

今回のレースは着差こそクビ差でしたが、最後の直線では前が塞がれるシーンも。決してスムーズな競馬ではなかったにも関わらず、勝ち切れたのは大きいですね。血統的にも、秋以降が楽しみな存在になりました」(競馬記者)

 また、須貝尚介厩舎と吉田隼人騎手のコンビは、この日のメイン札幌2歳S(G3)もソダシで勝利、7月の函館記念(G3)を15番人気のアドマイヤジャスタで勝つなど、夏の北海道で大きな存在感を示している。

JRAサートゥルナーリア妹が「1200m」で覚醒! 夏の「上がり馬」ファーストフォリオが連勝!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!