NEW

JRA川田将雅が大絶賛オルフェーヴル産駒「砂の超新星」誕生!? 「素晴らしい脚」異次元の決め手に“神騎乗”和田翼も「相手が悪かった」

【この記事のキーワード】

,

JRA川田将雅が大絶賛オルフェーヴル産駒「砂の超新星」誕生!? 「素晴らしい脚」異次元の決め手に神騎乗和田翼も「相手が悪かった」の画像1

 5日、小倉競馬場で行われた桜島S(3勝クラス)は、2番人気のマルシュロレーヌ(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)が優勝。キャリア13戦目にして初ダートとなったが、秋に向けて大きな収穫のあるレースだった。

「直線、道を作ってからは素晴らしい脚を使ってくれました」

 レース後、鞍上の川田将雅騎手がそう絶賛した通り、目の覚めるような強烈な決め手だった。14頭立てで行われたダート1700mのレース。3枠3番からスタートしたマルシュロレーヌは中団からの競馬となったが、初ダートの馬にとっては砂を被り続ける厳しい展開だった。

 最後の直線を向いた際は、完全にクリノフラッシュと和田翼騎手のレースだったはずだ。好スタートから果敢にハナを切ってレースを支配。手応え十分に後続を引き離し、和田翼騎手には後ろを振り返る余裕さえあった。

 しかし、外に持ち出されてからのマルシュロレーヌの切れ味は、まさに異次元のものだった。一瞬でクリノフラッシュとの差を詰めると、最後は逆に1馬身1/4差をつけてゴールした。

「凄い末脚でしたね。直線を向いた際は、和田翼騎手の神騎乗だと思ったんですが……。実際にマルシュロレーヌを除く上位5頭は、すべて先行集団。典型的な前残りのレースを完璧に作り上げた和田翼騎手のファインプレーでしたが、勝ち馬の決め手が桁外れでした。

これには和田翼騎手も『勝ったかと思ったのですが……相手が悪かったです』と勝ち馬を褒めるしかないといった様子。マルシュロレーヌが記録した上がり3ハロン35.0秒は、上がり2位のクリノフラッシュと1秒差。特にラスト2ハロンの切れは重賞でも通用すると思います」(競馬記者)

 マルシュロレーヌは、芝でも高い素質を誇っている。初勝利こそ3歳8月と大きく遅れたが、今年初戦の四国新聞杯(2勝クラス)で破ったランブリングアレーは、後に連勝して先日の小倉記念(G3)でも1番人気に推された素質馬。前走も3勝クラスで2着しており、芝でもオープン入りは目前の存在だった。

 しかし、そんな中でダートを試した矢作芳人厩舎の決断力は、さすがリーディング厩舎といったところか。父オルフェーヴルの産駒の重賞勝利はすべて芝だが、祖母キョウエイマーチは桜花賞馬ながらフェブラリーS(G1)でも5着した名馬。川田騎手が「ダートの適性は高いと感じました」と話した通り、“二刀流”でその素質が大きく開花した。

JRA川田将雅が大絶賛オルフェーヴル産駒「砂の超新星」誕生!? 「素晴らしい脚」異次元の決め手に“神騎乗”和田翼も「相手が悪かった」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!