NEW

JRA圧勝デビューの父ドゥラメンテ×兄ダービー馬の良血にあの世界的大物騎手も注目! クラシックを予感させる走りに期待大

【この記事のキーワード】

, ,

JRA圧勝デビューの父ドゥラメンテ×兄ダービー馬の良血にあの世界的大物騎手も注目! クラシックを予感させる走りに期待大の画像1

 6日、小倉競馬場で行われた5Rメイクデビュー(芝1800m)を川田将雅騎手の1番人気アドマイヤザーゲ(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が1分51秒4(良)で勝利。2着に4番人気マンヌボルト、3着に14番人気ララアンドツイカが入った。

 ただ1頭、勝ち馬の強さだけが際立つレースとなった。

 フルゲートの16頭立てで行われたレース。アドマイヤザーゲとコンビを組んだ川田騎手は外目の5番手を追走。前半がスローで流れたこともあり、3コーナー過ぎから各馬が動く出入りの激しい展開となったが、これを大外から突き抜けた。2着馬に3馬身の差をつける圧勝デビューだ。

 アドマイヤザーゲは父ドゥラメンテ、母アコースティクスという血統。父は現在、2歳馬の種牡馬リーディング。半兄には2009年のダービー馬に輝いたロジユニヴァースがいる良血馬である。

 レース後のコメントで川田騎手は「調教以上にしっかり走ることができました。力の要る馬場も今日に限っては良い方に出てくれたと思います」とポテンシャルの高さを評価した。

「最終週となった小倉は雨の影響もあって、高速馬場だった開幕週とは対照的な力のいる馬場に変わっていました。先行勢には苦しく、差し馬に有利な馬場だっただけに、好位から突き抜けたアドマイヤザーゲは強い競馬だったと思います。クラシック向きの血統からも来年が楽しみになる勝ち方でした」(競馬記者)

JRA圧勝デビューの父ドゥラメンテ×兄ダービー馬の良血にあの世界的大物騎手も注目! クラシックを予感させる走りに期待大の画像2

 この良血馬のデビュー勝ちに注目したと思われるのが、スワーヴリチャードで2019年のジャパンC(G1)を制するなど日本でもお馴染みとなったO.マーフィー騎手だ。アドマイヤザーゲのデビュー戦の映像を自身の公式TwitterでRTした。

 マーフィー騎手は今年のクラシックを沸かしたサトノフラッグの未勝利戦と1勝クラスの2鞍に騎乗。その素質を高く評価し、短期免許を終えて帰国してからも動向を気にしていたことでも知られている。

 そのマーフィー騎手がRTしたことからも、アドマイヤザーゲは名手も注目の存在になったといえるかもしれない。

 昨年亡くなった近藤オーナーの忘れ形見である「アドマイヤ」の冠名を持つ素質馬に、クラシックでの活躍を期待せずにはいられない。

JRA圧勝デビューの父ドゥラメンテ×兄ダービー馬の良血にあの世界的大物騎手も注目! クラシックを予感させる走りに期待大のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!