NEW

秋のマイル路線開幕! JRA京成杯オータムハンデ・鉄板級◎から相手3頭! 222万馬券を再現する超穴馬が発覚!? で波乱必至。

昨年も波乱決着!京成杯AHは難解な一戦

 今週行われる京成杯オータムハンデ(G3)は、6月から続くサマーマイルシリーズの最終戦であるだけでなく、秋のマイル路線の開幕戦ともいえる重要な一戦。最大目標となる11月に行われるマイルチャンピオンシップに向け、多くの有力馬が出走するレースでもある。今年はスマイルカナ、ケイアイノーテック、ルフトシュトローム、トロワゼトワル、シゲルピンクダイヤ、ジャンダルムといった実力馬が出走予定だが、その京成杯AHを分析する前にまずはこの秋のマイル路線を展望してみよう。

 注目はやはり春のマイル王決定戦安田記念の上位3頭、グランアレグリア、アーモンドアイ、インディチャンプだ。ヴィクトリアマイルを圧勝した現役最強馬アーモンドアイと、同馬に快勝したグランアレグリア、そして昨年のマイル王者インディチャンプ。順調ならこの3頭にNHKマイルカップを勝利したラウダシオン、そして昨年香港マイルを制したアドマイヤマーズあたりが上位の存在だろう。しかしアーモンドアイは天皇賞(秋)へ向かい、マイルチャンピオンシップは出走しない可能性が大きい。グランアレグリアとインディチャンプはスプリンターズステークスに出走するため、マイルチャンピオンシップへの出走は不透明。となると、今年のマイル路線は混戦模様になるかもしれない。

 京成杯AHは歴史的にみて、マイルチャンピオンシップに直結しないイメージがある。しかし後にマイルチャンピオンシップを制したゼンノエルシドやダノンシャーク、人気薄で激走したフィフスペトルなど、少ないながらも活躍するケースがある。そういった意味でも、やはり先々まで目が離せないレースになりそうだ。

 しかし馬券的に見てこのレースの難解さは、JRA全重賞レースでも指折りだろう。実際に過去10年で9回万馬券となっており、2015年には3連単222万馬券も飛び出している。その難解な要因はいくつかあり、ザっと見渡しても【開幕週・ハンデ戦・馬場状態がわからない・3歳馬と古馬の激突・休養馬と夏を使ってきた馬の比較・サマーマイルシリーズの思惑】など、このレースならではの要素が考えられる。

 これらをすべて正確に把握することは、現役の競馬記者では不可能だろう。なぜなら現在JRA(日本中央競馬会)はコロナウイルスの感染防止で取材規制を強めており、マスコミは十分な取材が行えない状況にある。加えて、そもそも競馬関係者は、わざわざ本音を語ろうとしないからだ。なぜなら自信の高さを見せれば見せるほど、他の有力馬からマークがきつくなり、勝算が落ちるからである。

 そこで今回、秋競馬開幕の注目レースをしっかり的中させて勢いに乗るため、競馬情報のプロである「マスターズ」に注目した。このマスターズは、マスコミにない強力な情報ルートが魅力。それは元調教師、元騎手、元厩務員、元助手、馬主関係者といった内部関係者で構築されていて、その情報を【馬主・厩舎・騎手に特化した各チーム】が管理。競馬の裏も表も知り尽くす様々な分野の達人たちが、ありとあらゆる視点でレースを分析し、マスコミや他をはるかに上回る素晴らしい成績を残しているのだ。

マスターズの情報力を証明する高額万馬券の的中

 例えば今年全体の成績を見てみると、8月30日までに万馬券は139本を的中。最高配当はなんと3連単40万1980円という超高額万馬券。この夏競馬でも、新発田城特別で3連単15万7810円、新潟日報賞の3連単12万4190円、8月22日の小倉8Rにて3連単11万9260円と10万馬券を連発。まさしく「プロの仕事」といっていいだろう。

 そんな夏競馬でも見事な成績をおさめたマスターズだが、秋競馬に向けて並々ならぬ決意を見せている。

「この秋は特に力が入っています。相変わらずの取材規制で、競馬関係者も徐々にマスコミと疎遠になっていて、マスコミは取材に苦労しており、競馬ファンが本当の情報を得られる可能性はさらに厳しくなるでしょう。我々とマスコミの情報力は、この秋はさらにその差が広がりそうです。

 つまりこの秋はマスターズの情報力をアピールするチャンスであり、悩める競馬ファンの力になりたいと考えています。

 そもそも競馬は、馬主が大金を使って購入した競走馬を、厩舎が預かって極限まで仕上げ、その仕上げた競走馬に騎手が跨って勝利へと導くもの。この一連の流れでキーワードになっているものを押さえておけば、馬券は高確率で獲れると言ってもほぼ過言はありません。

 マスターズにはその3要素である、馬主・厩舎・騎手にそれぞれ特化したチームがあり、取材規制を受けることなく現場レベルの関係者情報を完全に把握しています。

これが競馬界の仕組みだ

 今週は京成杯オータムハンデ、そしてセントウルステークス、紫苑ステークスといった注目の重賞レースが行われますが、その中で我々が特に勝負を推奨したいのが京成杯オータムハンデです。

 昨年は当社が関係者から情報を入手して推奨した4番人気トロワゼトワル、5番人気ディメンシオンのワンツーフィニッシュとなり、3着にも10番人気の穴馬ジャンダルムが飛び込んで3連単は18万馬券と荒れました。さらに2015年には222万馬券という超高額配当も飛び出しているこのレースですが、今年もすでに競馬関係者から激走必至の穴馬を掴んでいます

 複数の関係者に裏付けを重ねており、その穴馬の激走を確信。我々が提供する勝負馬券は、すでに鉄板級の◎から相手も3頭で狙えると見ています。そして前述の穴馬が関係者の話通りに勝利することがあれば、驚くような高額配当も狙えるでしょう。

 なお今回は秋競馬開幕を記念した特別企画として、この京成杯オータムハンデの『馬連3点勝負』を無料で競馬ファンの皆さんへ公開します。

 本当の情報とは何か、マスコミとマスターズの情報の違いは何か、ぜひこの機会にその目で確認してください」

 以上のように京成杯AHの的中に相当な自信を見せているマスターズが、その勝負情報の無料公開という素晴らしい企画を実施するというのだ。

 秋競馬へ向けて大事なのは、秋のG1シーズンを勝ち抜くための確かな情報を持つプロの存在だ。それがマスターズであることは、もはや疑いようもない。この機会を活用し、その実力をしっかり目に焼き付けよう。

CLICK→無料公開!【京成杯オータムハンデ・馬連3点勝負馬券】マスターズ

※本稿はPR記事です。

秋のマイル路線開幕! JRA京成杯オータムハンデ・鉄板級◎から相手3頭! 222万馬券を再現する超穴馬が発覚!? で波乱必至。のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!