NEW

JRAセントウルS(G2)ダノンスマッシュ三浦皇成とコンビ続行は割引!? 川田将雅より悲惨な重賞成績にG1制覇さらに遠のくか

JRAセントウルS(G2)ダノンスマッシュ三浦皇成とコンビ続行は割引!? 川田将雅より悲惨な重賞成績にG1制覇さらに遠のくか の画像1

 13日、中京競馬場ではスプリンターズS(G1)の前哨戦であるセントウルS(G2)が行われる。例年は阪神競馬場で行われるレースだが、今年は中京競馬場での開催というのも大きな特徴だ。

 過去10年、波乱の大きかったレースも近4年は1番人気馬が4連勝中と堅い傾向が続いている。とはいえ、これとは逆のケースとなる阪神競馬場で行われた中京記念(G3)が18頭立ての最低人気メイケイダイハードの勝利で大波乱となったことは記憶に新しい。今年のコースが中京競馬場に替わることで波乱の余地もありそうだ。

 1番人気が濃厚と見られているのはダノンスマッシュ(牡5、栗東・安田隆行厩舎)だ。昨年のスプリンターズSで3着に入り、同レースの覇者であるタワーオブロンドンに今年3月のオーシャンS(G3)で完勝。重馬場で力を発揮できなかった高松宮記念(G1)、距離の長かった安田記念(G1)では崩れたが、京王杯SC(G2)を勝利しているように短距離路線でトップクラスの実力を誇っている。

JRAセントウルS(G2)ダノンスマッシュ三浦皇成とコンビ続行は割引!? 川田将雅より悲惨な重賞成績にG1制覇さらに遠のくか の画像2

 初コンビで8着に敗れた安田記念と同じく再び三浦皇成騎手と挑むことになるが、ダノンスマッシュ陣営にとって、コンビ続行がプラスとなるかどうかは疑問だ。同馬の近8戦中5戦で手綱を取った川田将雅騎手が、JRA重賞を長らく勝てていないことは確かである。ダノンスマッシュとコンビを組んだ3月のオーシャンSを最後に、”25連敗”と大不振に陥っている。

 だが、重賞で勝負弱いという声のある川田騎手以上に、三浦騎手のJRA重賞成績が悲惨なことも見逃せない。

 三浦騎手の直近のJRA重賞勝ちはフロンテアクイーンで制した昨年3月の中山牝馬S(G3)まで遡る必要がある。以降の成績は【0-5-2-59/66】、勝率0.0%、連対率7.6%、複勝率10.6%と振るわない。先週の新潟記念でついに66連敗となってしまった。

「ダノンスマッシュはファルコンS(G3)を7着、2年連続で出走した高松宮記念でも4着、10着と中京競馬場は3戦全敗しています。G3とはいえ、阪神開催ならともかく今年は中京での開催だけに、これは気になる材料ですね。

さらに追い打ちを掛けるのが約1年半もの間、重賞勝ちのない三浦騎手とのコンビです。有力馬が多数回避したため、人気が集中しそうですが、取りこぼしも十分ありそうです」(競馬記者)

 本番のスプリンターズSには、グランアレグリア、インディチャンプ、モズスーパーフレアらの強敵が揃うだけに、ダノンスマッシュも前哨戦では負けられないところ。

 悲願のG1制覇のためにも、ここでしっかりと結果を出しておきたい。

JRAセントウルS(G2)ダノンスマッシュ三浦皇成とコンビ続行は割引!? 川田将雅より悲惨な重賞成績にG1制覇さらに遠のくかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!