NEW

JRAルメール「離反」の裏にノーザンの見限り!? 紫苑S(G3)スカイグルーヴ「鞍上変更」の裏にあった前走の“対立”……

【この記事のキーワード】

,

JRAルメール「離反」の裏にノーザンの見限り!? 紫苑S(G3)スカイグルーヴ「鞍上変更」の裏にあった前走の対立……の画像1

 12日、中山競馬場で秋華賞トライアル・紫苑S(G3)が行われる。オークス(G1)3着馬のウインマイティー、5着馬マジックキャッスル、チューリップ賞(G2)勝ち馬マルターズディオサなど、豪華メンバーが集結した。

 その中でも、フローラS(G2)で1番人気の支持を集めたスカイグルーヴ(牝3歳、美浦・木村哲也厩舎)に注目したい。

 デビュー戦は東京芝2000mを逃げて、上がり最速の末脚を繰り出して勝利。2着に5馬身差をつける圧巻のパフォーマンスだった。次走の京成杯(G3)は2番手からレースを進め、押し切り勝ちかと思われたが、ゴール前でクリスタルブラックの強襲に屈し2着。負けたとはいえ、牡馬相手に内容の濃いレースは十分評価に値するものだった。

 オークスの出走権をかけて出走したフローラSは単勝2.1倍の1番人気の支持を集めるも、直線で伸びを欠き5着に敗れた。レース後にC.ルメール騎手は「折り合いがついて、いい競馬はできたが、坂を上がって疲れが出た」と敗因を語った。

 レース当日、スカイグルーヴの馬体重は前走からマイナス14キロ。デビュー時の440キロを10キロ下回るほど、馬体を減らしていた。これは京成杯後に木村調教師が「厩舎の調教が甘くて、最後は止まっている」とコメントしていたことから、きつい調教を積んでの馬体減ではないかと思われた。

「前走はオークス直行を主張するオーナーサイドとフローラS出走を主張する厩舎サイドで意見が分かれたようです。結局、フローラSに出走することになり、木村調教師としては負けられないため、スカイグルーヴにハードワークを課したようです。しかし、これが災いしての敗戦でしたね」(競馬記者)

JRAルメール「離反」の裏にノーザンの見限り!? 紫苑S(G3)スカイグルーヴ「鞍上変更」の裏にあった前走の対立……の画像2

 紫苑Sで名誉挽回といきたいスカイグルーヴ。今回はルメール騎手から戸崎圭太騎手に乗り替わりとなる。トップジョッキーからトップジョッキーへの乗り替わりであるが、これが不安要素かもしれない。

「これまで3戦手綱を取ってきたルメール騎手は、今回初コンビのシーズンズギフトに騎乗します。本来であれば、ルメール騎手がスカイグルーヴに乗ると思われたんですがね。

2頭ともノーザンファームの生産馬なので、オーナーサイドの意向が影響していると考えられます。ルメール騎手を配するシーズンズギフトの方が、スカイグルーヴよりも序列が上という可能性があります。もうひとつ、フローラSでのいざこざが影響しているかもしれませんね」(同)

 リーディングジョッキーのルメール騎手とコンビ解消は、決してプラスとは言い難い。さらに評価も下がっている可能性もあるとなれば、不安は増す一方だ。

JRAルメール「離反」の裏にノーザンの見限り!? 紫苑S(G3)スカイグルーヴ「鞍上変更」の裏にあった前走の“対立”……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!