NEW

JRAローズステークス特集! 打倒デアリングタクトはこの馬! 出走馬の裏情報、特別データも公開!

【この記事のキーワード】

, ,

今週は秋華賞トライアルのローズステークス

 先週の京成杯オータムハンデとセントウルステークスで、サマースプリントシリーズとサマーマイルシリーズのチャンピオンも決定。いよいよ本格的に今週から秋競馬へ突入する。

 その今週はJRAで三日間開催が行われ、菊花賞トライアルのセントライト記念、秋華賞トライアルのローズステークスが行われる。ローズステークスは上位3頭に秋華賞の優先出走権が与えられ、春の実績馬と夏の上がり馬が激突するレース。セントライト記念も上位3頭に菊花賞の優先出走権が与えられるレース。つまりトライアルレースは、賞金が足りなくても3着以内に入れば次のG1レースに出走できる権利を得られるのだから、馬主や厩舎関係者としては「3着でもいい」という、他とは違った思惑が発生する。さらに賞金的に本番(秋華賞や菊花賞)の出走が確定している陣営は、本番前の調整で100%の仕上げではないといった場合もあり、その内部事情が複雑なレースでもある。

 どちらのレースも目が離せないが、次の秋華賞を見据えて注目すべきはやはりローズステークスだろう。今年はデゼル、リアアメリア、クラヴァシュドール、リリーピュアハート、アブレイズ、ウーマンズハートなどの実績馬が出走を予定しているが、無敗の牝馬二冠馬デアリングタクトは秋華賞に直行で出走しない。人気を集めそうなデゼルはオークスで11着、クラヴァシュドールも15着と大敗しているだけに、信頼できる軸馬が不在で大混戦。逆に言えば高額万馬券が狙えるといっても過言ではないかもしれない。

 G1レースのトライアルは、前述のとおり「勝たなくても3着以内ならいい」「次の大一番を見据えて80%で出走」といったトライアルならではの性質があり、それを踏まえた攻略法が存在する。それを完全に把握せずに馬券を購入するのはリスクが高く、避けるべきだろう。そこでこの春、桜花賞トライアルのフィリーズレビューで11万馬券を的中させるなど、3歳牝馬戦線やトライアルレースを知り尽くす、競馬情報のプロ「競馬セブン」に注目した。

今年のローズステークスは大混戦

 競馬セブンは創業24年と老舗中の老舗で、実際に競馬界で活躍してきた大物の競馬関係者が多数在籍している。中でも元JRAの騎手で元JRA騎手学校教官の徳吉一己は、あの福永祐一騎手、池添謙一騎手、和田竜二騎手などを育てた鬼教官として知られ、今は競馬セブンの総監督を務める大物。さらに競馬記者として40年以上の実績を持ち、美浦トレーニングセンターの「地獄耳」と呼ばれるベテラン競馬記者の古川幸弘や、嶋田潤、小原伊佐美、二本柳俊一といった元JRA調教師軍団が、トレセンの内部を知り尽くす。さらにトレセンの外でも、元社台スタリオンステーション荻伏場長で社台グループのすべてを知り尽くす林勲や、元札幌馬主会理事の肩書を持ち馬産地日高の帝王との異名を持つ斉藤隆といった大物がズラリ。競馬界では誰もが知る競馬関係者が多く在籍し、全国に情報ルートを構築している。これらの人脈を見れば、ありとあらゆる競馬情報が競馬セブンに集まってくるのは当然といえよう。

 この競馬セブンは夏競馬も数々の万馬券的中など好調。特に重賞レースに圧倒的な実績を残しており、9月6日時点で直近の13レース中10レースを的中、しかもその中には新潟記念の3連単3万2940円、札幌2歳ステークスの3連単1万7670円といった万馬券が含まれており、競馬セブンを利用する競馬ファンから毎週のように歓喜の声が届くという。

 そんな競馬セブンが絶大な自信を見せているのが、トライアルレースだ。春のトライアルでは、桜花賞トライアルのフィリーズレビューにて3連単11万9820円という特大万馬券を的中。他にも多くのレースを仕留め7戦6勝、的中率は85.7%を記録しているのだ。これはトライアルならではの複雑な要素を把握しているからこそできる偉業。そして今週のローズステークスやセントライト記念に関しても、すでに「的中を確信させる情報」を独占入手しているという。中でもローズステークスは、数年に一度レベルの情報で、ぜひ多くの競馬ファンに届けたいと「無料提供」を決定しているのだから驚きだ。その真意について話を聞いてみた。

「ローズステークスで過去10年の人気馬を見てみると、1番人気が5勝と1番人気が好成績を残しており、信頼できる軸馬といえるでしょう。しかし10番人気以下の人気薄馬も、2016年クロコスミア(11人気2着)、2014年タガノエトワール(15人気2着)、2013年ウリウリ(10人気3着)、2011年マイネイザベル(10人気2着)などが馬券圏に入り波乱を演出。3連単では10万馬券を超える特大万馬券が7度も出ているように人気薄の好走が目立ちます。

 2冠馬のデアリングタクトは秋華賞へ直行で不在となり、結果として人気を集めそうな前走オークス組では人気を背負うであろう、ある馬の厩舎の不安情報を極秘入手しました。マスコミは大きく注目しているようですが、実際は買える状態になく、つまり危険な人気馬がいることになります。さらに人気薄確実の【隠れ穴馬】の大駆け情報も入手済み。これは完全にマスコミもノーマークといえる存在で、陣営も必死に目立たぬよう情報を抑えています。我々だけが知る高配当を狙える勝負情報であり、万馬券を的中させた昨年以上の自信度で情報を公開できます。

昨年の馬連1600円的中で16万円を獲得

 昨年も予告の重賞勝負で万馬券などを的中させたローズステークスですが、今年は競馬セブンの情報力を知っていただくため、読者の皆様へ無料で公開させていただくことになりました。内容は、厳選した自信の馬連3点勝負。他とは違う本物の情報を知りたいなら、複雑な事情があるこのローズステークスはベストのタイミングでしょう。ぜひ利用してください」(競馬セブン担当者)

 毎年のように高額万馬券が飛び出すローズステークスで鍵を握るのは、今年も人気薄の穴馬といって間違いない。そしてその穴馬を唯一知る競馬セブンの情報に、絶大な価値があることもお分かりいただけるはずだ。このローズステークスでは、その情報を誰もが無料で入手できるのだから、これを利用しない手はない。しかも仮にこのローズステークスが不的中だった場合、有馬記念までの全G1レース情報も無料で公開するというのだから、相当な自信なのだろう。どんなドラマが待っているのか、週末のローズステークスと競馬セブンの情報から目が離せない。

CLICK→【無料公開!ローズステークス・自信の馬連3点勝負!】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

JRAローズステークス特集! 打倒デアリングタクトはこの馬! 出走馬の裏情報、特別データも公開!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!