NEW

JRA「34年間馬券圏外」京成杯AH(G3)スマイルカナに重くのしかかる“ジンクス”と苦手「休み明け」

【この記事のキーワード】

,

JRA「34年間馬券圏外」京成杯AH(G3)スマイルカナに重くのしかかるジンクスと苦手「休み明け」の画像1

 13日(日)、秋競馬の開幕週を飾るのはマイルのハンデ重賞、京成杯AH(G3)だ。今年はスマイルカナとルフトシュトロームの3歳馬2頭に注目が集まっている。9日時点、『netkeiba.com』の予想オッズで1番人気に支持されているのはスマイルカナ(牝3歳、美浦・高橋祥泰厩舎)の方だ。

 サマーマイルシリーズ最終戦で逆転を狙うスマイルカナ。勝てば3歳牝馬として初めて、サマーマイル王者の座に就くが、米子S(L)に続いて古馬を一蹴することはできるだろうか。

 9日に行われた最終追い切りは、美浦Wコースを単走で追われた。管理する高橋祥調教師は「この馬らしい動きだった。(帰厩後は追い切り)本数も重ねて、無事にここまできた」と自信をのぞかせている。

 トリッキーな中山1600mのコースでは、逃げ切った1月のフェアリーS(G3)を含め2戦2勝。そして道悪で行われた桜花賞(G1)ではデアリングタクトの3着という実績が光る。しかし、3歳牝馬にとってこのレースは“鬼門”となっている。

 最後に京成杯AHで3歳牝馬が優勝したのは、今から35年前の1985年までさかのぼる。その年の桜花賞を制したエルプスが55kgという酷量を背負い完勝を収めたのが最後である。それ以降、昨年のプールヴィルまで計13頭の3歳牝馬が挑戦してきたが、すべて4着以下。34年間にわたって馬券圏外が続いている。

 ただし2010年以降に出走した3歳牝馬は、前述したプールヴィルと15年のアルビアーノの2頭だけだ。13頭のなかで最も勝利に近づいたのが5年前のアルビアーノだった。その年のNHKマイルC(G1)で2着という実績を引っ提げ、堂々1番人気に支持されたが、結果は7着。ただし優勝馬とのタイム差はわずか0秒1という惜敗だった。

 スマイルカナは、前走の米子Sから約3か月ぶりの実戦だが、休み明けはこの馬にとって割引材料だという。

「(スマイルカナは)どちらかと言うと、間隔を詰めたほうがいいタイプです。これまでも中3週では3戦3勝と好結果を残していますが、中4週以上空けると、4戦して『0-0-1-3』と明らかにパフォーマンスが違います。秋の大舞台を見据えてここは叩き台の可能性もありますよ。ただし高橋祥調教師はこのレース(京成杯AH)を是が非でも獲りたいのではないでしょうか」(同)

 高橋祥調教師がこのレースに管理馬を送り込むのは1986年以来、実に34年ぶり。前回は1番人気に推された5歳牝馬のダイナシュガーで挑んだが、4着に敗れた。その2年前にもダイナシュガーは2着に入っている。

 高橋祥調教師にとっては34年ぶりのリベンジの舞台。もしスマイルカナが1番人気に支持されれば、否が応でもその時のことを思い出すだろう。スマイルカナは、高橋祥調教師に34年前の忘れ物を届けることはできるだろうか。

JRA「34年間馬券圏外」京成杯AH(G3)スマイルカナに重くのしかかる“ジンクス”と苦手「休み明け」のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!