NEW

平手友梨奈、次はRAD野田洋次郎がプロデュース!? 相性良すぎてファン期待大!

【この記事のキーワード】

,

平手友梨奈、次はRAD野田洋次郎がプロデュース!? 相性良すぎてファン期待大!の画像1

 アイドルグループ・欅坂46の元メンバーで、“てち”の愛称で親しまれる女優・平手友梨奈。そんな彼女の“告白”が話題を集めているという。

 平手は9月8日に放送された『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYOFM)に出演。ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎と共演し対談した。

 この中では、野田が欅坂時代に発表したソロ曲『山手線』が好きであることや、平手が同グループの総合プロデューサーである秋元康氏と交換日記をしていたことを明かすなど、多くのエピソードが語られることになった。

 その中で、グループ卒業後は楽曲を発表していない平手に対して、野田が「これからも歌っていくの?」と質問。これに平手が「そうですね、全然歌いたくないってわけではないので…」と返答し、周囲から音楽活動をしてほしいという声があることを打ち明けた。

 また平手は、「すべてに対して、もしかしたら踊りが好きなのかなとか、得意なのかなとか思われているのかも知れないんですけど」と切り出した上で、「どちらかといったら苦手意識とか自信がない方が勝っちゃう」と発言。「毎回何に対しても、パフォーマンスした後は、反省というか『ああ、もっとできたな』っていう感情になってしまいます」と、意識の高さを見せる一幕もあった。

 さらに平手は、アイドル時代の悩みについても言及。「この世界でよく使われる『プロ意識がない』という言葉も言われることがあって。聞きたくなくても届いていたので、その時はすごく悩んでいた。でも途中からプロ意識ってなんだろう? 人それぞれ違うんじゃないか? と思うことで気にしないように、という風に」と告白。

 さらに「自分で『アイドル』って検索した時、『偶像』って出てきて、少しゾっとしていろいろ考えたし……このまま秋元さん頼りでいいのかな? と考えたこともあった」と、葛藤が多くあったと振り返った。

 この件に対して、ネット上では「平手がこんなにグループの話をするの、在籍中ですら後期の方ではなかったと思う」「欅ファンなら絶対に聞いておいた方がいい」と、平手がさまざまなカミングアウトを行った内容に対して絶賛の声が相次いでいる。

 中には、「秋元康と交換日記をしていたという平手ちゃん、ちょっと闇が深くない?」という声もあるが、多くの人が番組内の平手の告白に好感を抱いたようだ。

「平手がこういった突っ込んだ話ができたのも、野田が聞き上手であったのに加え、ふたりの相性がよかったという部分があるのかもしれません。実際『野田じゃなきゃ、ここまでてちの本音を聞き出せなかったと思う』『相槌からも優しい人柄を感じるよね』と、野田に対しても絶賛の声が集まっていましたからね。

また番組の中では、秋元氏から野田に対して『僕じゃなくて、例えばそれこそ仲がいい野田さんにでも一端全部預ける』『それをもう好きなように平手友梨奈を料理してもらって、どんなものが返ってくるのか楽しみだ』と、平手のプロデュースを任せるような伝言を平手が伝えていましたからね。

ここでは『でも、何かいつかできたら楽しそうですね』というコメントにとどめた野田でしたが、すでにファンの間では『このコラボ、楽しみ過ぎる』といった声もあります。

とはいえ野田といえば、7月に『前も話したかもだけど、大谷翔平選手や藤井聡太棋士や芦田愛菜さんみたいなお化け遺伝子を持つ人たちの配偶者は、もう国家プロジェクトとして国が専門家を集めて選定するべきなんじゃないかと思ってる』と発言し、これが優生思想なのではないかと批判され、18年に発表した楽曲『HINOMARU』が愛国主義的な歌詞であるとして、こちらも多くの批判を集めるなど、たびたび物議を醸す言動があることでも知られています。そのため『ちょっと不安な部分はある』『炎上案件じゃん』と心配する声もちらほらあります」(芸能ライター)

 はたして、野田と平手のコラボは実現するのか、さらには炎上してしまうのか――。多くの平手ファンたちは、このコラボを期待と不安が入り混じった気持ちで見守ることになるのかもしれない。

平手友梨奈、次はRAD野田洋次郎がプロデュース!? 相性良すぎてファン期待大!のページです。GJは、エンタメ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事