NEW

JRA「220万馬券」再現!? 京成杯AH(G3)5年前の大波乱コンビは「複勝率69.2%」「複勝回収率158%」の超お買い得

JRA「220万馬券」再現!? 京成杯AH(G3)5年前の大波乱コンビは「複勝率69.2%」「複勝回収率158%」の超お買い得の画像1

 13日、中山競馬場で京成杯AH(G3)が開催される。昨年は開幕週の馬場と軽ハンデを味方につけたトロワゼトワルが優勝。逃げ切り勝ちでレコード更新という衝撃の走りを見せた。

 同レースは、過去10年の3連単平均配当が28万4499円と荒れるハンデ重賞でもある。2015年は「13→11→7」の人気順で決着し、222万馬券が飛び出しており、穴党には持って来いのレースと言えるだろう。

 ちなみに今年の出走メンバーで上位人気が予想されるのはスマイルカナだが、3歳牝馬は34年間も馬券に絡んでいないという不吉なデータが存在する。また、昨年の覇者トロワゼトワルも出走するが、昨年より3キロ重い斤量を背負い、スマイルカナという同型がいることでつぶし合うことも予想される。波乱の下地は十分に整っているはずだ。

 そこで100万馬券の使者候補として、ストーミーシー(牡7歳、美浦・斎藤誠)に注目したい。

 リステッド競走の勝ち鞍はあるものの、重賞は19回挑戦して未勝利のストーミーシー。今回、背負う斤量はトップハンデの57キロで、重賞未勝利馬には酷量に感じられる。だが、前走の朱鷺S(L)は勝ち馬より2キロ重い58キロを背負って、タイム差なしの2着に健闘。1キロ軽くなると考えれば、そこまで大きな問題ではないだろう。

 また、過去10年で57キロ以上の斤量を背負った馬は[2-4-2-22]とまずまずの成績を残していることからも、トップハンデを悲観する必要はなさそうだ。

「7歳馬のストーミーシーですが、全く衰えを感じませんね。むしろ成長しているように思えるぐらいです。今年3月の東風S(L)で、これまで追い込みだったレーススタイルを先行に切り替えて勝利しました。その後は、前につける競馬で安定した成績を残しているので、今回も堅実な走りに期待できそうです。また、勝利した東風Sは京成杯AHと同じ中山マイルコースということもプラスですね」(競馬記者)

JRA「220万馬券」再現!? 京成杯AH(G3)5年前の大波乱コンビは「複勝率69.2%」「複勝回収率158%」の超お買い得の画像2

 今回、最もストーミーシーのセールスポイントとなるのが、鞍上の田辺裕信騎手だ。

 過去10年の京成杯AHで[3-1-1-2]の成績を残しており、勝率42.9%、複勝率71.4%はかなり信頼できる数字だ。

 また、田辺騎手と斎藤誠厩舎のコンビは、5年前の同レースを13番人気フラアンジェリコで制し、200万馬券の大波乱を演出した。今年、同コンビの成績は[1-3-5-4]で、複勝率69.2%の高い安定感。複勝回収率に至っては「158%」と買うに越したことはない数字だ。

 馬券圏内濃厚に思われるストーミーシーだが、下馬評はあまり高くない。10日現在、『netkeiba.com』の予想オッズは12番人気の単勝61.4倍想定。まさに穴馬と呼べる存在だ。

 荒れる京成杯AHの買い目に、穴馬としてストーミーシーを入れてみてはいかがだろうか。

JRA「220万馬券」再現!? 京成杯AH(G3)5年前の大波乱コンビは「複勝率69.2%」「複勝回収率158%」の超お買い得のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!