NEW

パチスロ6号機で「1撃4000枚」!? 「完全自力」のゲーム性を「再評価」

【この記事のキーワード】

,

パチスロ6号機で「1撃4000枚」!? 「完全自力」のゲーム性を「再評価」の画像1

 パチスロ6号機に関しては「2400枚制限」に対する不満の声が目立つ。どんな状況においても、一撃「2400枚」の獲得を超えると大当りが終了してしまうからだ。

 有利区間における「1500ゲーム」という制限にも厳しい意見が存在。5号機のように、大当り後にもチャンスが持続するような設計が難しいのだ。

 しかし、メーカーの工夫によって先述の問題点が実質的に「無制限」となったマシンも存在する。

 七匠の『パチスロ 天元突破グレンラガン』や、ネットの『スーパードラゴン』などの機種だ。

 有利区間開始時を連チャンゾーンとし、一定回数の大当りで有利区間をリセット。そうすることによって、制限にとらわれず、連チャンの限り出玉を獲得出来る。

 インターネット上では、このような機種を「再評価」する動きが存在する。今回は話題に上がりやすい「再評価機種」をピックアップ。その魅力をお伝えしていきたい。

『探偵オペラ ミルキィホームズ 1/2の奇跡』(カルミナ)

パチスロ6号機で「1撃4000枚」!? 「完全自力」のゲーム性を「再評価」の画像2
カルミナ公式HPより

 本機は差枚数管理型のATを搭載し、疑似ボーナスの連打で出玉を増やしていくゲーム性となっている。

 有利区間開始から7ゲームまでが当選確率約70%の連チャンゾーンとなっているため、疑似ボーナスに当選する限り無制限に出玉を獲得出来る仕様だ。

 某パチンコ・パチスロ攻略サイトのライターは一撃「3750枚」を獲得。その様子がTwitterに投稿され話題となった。

 本機がファンの間で特に評価を受けている点は「完全な自力」であることだ。

 CZは非常にユニークな形式で、キャラクター図柄を入賞させると対応役が表示され、その対応役を次ゲーム成立させればAT当選となる。

パチスロ6号機で「1撃4000枚」!? 「完全自力」のゲーム性を「再評価」のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!