NEW

JRAセントウルS(G2)「極秘情報」でクリノガウディーをバッサリ!? 変則中京開催で浮上する極穴「◎」で大波乱必至

JRAセントウルS(G2)「極秘情報」でクリノガウディーをバッサリ!? 変則中京開催で浮上する極穴「◎」で大波乱必至の画像1

 スプリンターズS(G1)を占う電撃の6ハロン戦。13日(日)のセントウルS(G2)に、今年は17頭の快速馬が名乗りを上げた。

 今回は関係者からの「強力現場ネタ」を入手し、「あの人気馬」もバッサリと切ることができたので最後までご一読願いたい。

「セントウルS」と言えば、これまで阪神競馬場で行われてきたレースであるが、京都競馬場が改修工事に入る関係でスケジュールを変更。今年は中京競馬場での開催となる。

 過去の同重賞傾向が全く通用しないであろう今回は2015年以降の中京1200m戦の傾向を参考に予想をしていく。

 まず、枠番であるが1枠を除く内枠が有利な傾向にある。

 2~5枠が複勝率20%以上あることに対し、7枠、8枠の外はどちらも13%以下。複勝回収率にしても、やはり2~5枠が高くなっている。

 脚質的には先行馬が有利で、前に行くほどいい。今回は先手を主張したいラブカンプーやビアンフェが外目の枠を引き、内から奇襲をかける陣営も出てくる可能性は十分。先行争いは激化しそうだ。もちろん、外からオーバーペースで行けばいいという話でもなく、枠の傾向からもロスなく内から先行できる馬に有利となりそうだ。

 血統傾向からは、トニービンを輩出しているGrey Sovereignの系統が複勝回収率178%と優秀。さらにNorthern Dancer系ではLyphard系やSadler’s Wells系などが優秀で、欧州の重たい血が活きる傾向にある。

 それに加え、週末は雨予報。この傾向がさらに強まる可能性も十分にあるだろう。

JRAセントウルS(G2)「極秘情報」でクリノガウディーをバッサリ!? 変則中京開催で浮上する極穴「◎」で大波乱必至のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!