NEW

JRA石橋脩「申し訳ない」京成杯AH(G3)ルフトシュトローム2番人気「最下位」の謎……堀調教師の言葉と、異例の最終追い切りにあった「前兆」とは

JRA石橋脩「申し訳ない」京成杯AH(G3)ルフトシュトローム2番人気「最下位」の謎……堀調教師のコメントと、異例の最終追い切りにあった「前兆」とはの画像1

 13日、中山競馬場で行われた京成杯オータムH(G3)は、4番人気のトロワゼトワル(牝5歳、栗東・安田隆行厩舎)が接戦を制して優勝。昨年に続く連覇を達成し、サマーマイル王を決めた。

 さらにハナ差の2着には3歳牝馬のスマイルカナ。惜しくもサマーマイル王には届かなかったが、3歳世代の代表として、今年の桜花賞(G1)3着の実力を存分に見せることができたと述べていいだろう。

JRA石橋脩「申し訳ない」京成杯AH(G3)ルフトシュトローム2番人気「最下位」の謎……堀調教師のコメントと、異例の最終追い切りにあった「前兆」とはの画像2

 一方、同じ3歳馬ながらスマイルカナを上回る2番人気に支持されたルフトシュトローム(牡3歳、美浦・堀宣行厩舎)は、最下位の16着に大敗……。

 ニュージーランドT(G2)勝ちに加え、中山1600mは3戦3勝の得意舞台だったが、誰もが首を傾げたくなるような凡走に終わってしまった。

「うーん、スタートから行きっぷりがあまり良くなかったですが、元々トモに弱い所があるので、後方からの競馬はほぼプラン通りだと思います。道中は1枠1番を活かして内々から。最後の直線で外に出そうとして行き場がありませんでしたが、それ以前に手応えがもうありませんでしたね。+24kgでしたが特別太くはなかったですし、良いコンディションに見えていたんですが……」(競馬記者)

JRA石橋脩「申し訳ない」京成杯AH(G3)ルフトシュトローム2番人気「最下位」の謎……堀調教師のコメントと、異例の最終追い切りにあった「前兆」とはの画像3

 レース後、鞍上の石橋脩騎手も「体は成長分で、太いとか重いという感じはなかった」とコメント。「ただ、いい頃に比べるとガツンと来るような反応がなかった。敗因はよく分かりません」と首を傾げるばかり……。

 また『みんなのKEIBA』(フジテレビ系)でパドック解説を行っている元JRA騎手の細江純子さんも「太い感じはしない」とコメント。「精神的な面でも余裕があるのでいいと思います」と、競馬ファンにはお馴染みの「細江のイチオシ」にルフトシュトロームを挙げたほどだった。

 しかし、レースではまったく見せ場のないまま完敗。それも最下位となれば「不可解」と述べる他ないが、記者は「予兆があった」と話す。

JRA石橋脩「申し訳ない」京成杯AH(G3)ルフトシュトローム2番人気「最下位」の謎……堀調教師の言葉と、異例の最終追い切りにあった「前兆」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!