NEW

JRA話題の超大物ルペルカーリア「デビュー戦」のテスト!? 超“そっくり”さん「モーガン」が中京芝2000mで初陣

【この記事のキーワード】

, ,

JRA話題の超大物ルペルカーリア「デビュー戦」のテスト!? 超そっくりさん「モーガン」が中京芝2000mで初陣の画像1

 20日、中京競馬場で行われる新馬戦(芝2000m)に、モーリス産駒のモーガン(牡2歳、栗東・橋口慎介厩舎)がデビュー予定だ。馬主の林正道氏は、ステイヤーズS(G2)3連覇の偉業を成し遂げたアルバートの馬主としても有名だ。

 アルバートは現在、橋口厩舎に転厩しているが、モーガンも同じ橋口厩舎である事を考えれば、オーナーの期待度の高さが伝わってくる。

 その一方、そんな期待のモーリス産駒のデビュー戦の結果が、「2歳No.1」の注目度を誇る「アノ馬」のデビュー戦に影響を与えそうだというから驚きだ。

「実はモーガンは、日米オークスを制したシーザリオの仔として大きく注目されているルペルカーリアと血統背景がよく似ています。

2頭ともモーリス産駒であるだけでなく、母父がスペシャルウィーク、母母父がSadler’s Wellsと3/4が同血。さらにルペルカーリアも、モーガンと同じく中京の芝2000mでのデビューが予定されているだけに、もしモーガンが今週の新馬戦を快勝するようなら、自然とルペルカーリアの期待も高まるというわけです」(競馬記者)

 まさにルペルカーリアに注目するファンにとっても、モーガンのデビュー戦は良い“テストケース”になるかもしれない。現在のところ、そこまで注目度の高い存在ではないが、今秋の「中京」であれば小さくはないチャンスがあるという。

「先週の中京2000mの新馬戦では、父ジャングルポケット、母父ダンスインザダークという重厚な血統を持つテリオスルイが、8番人気の低評価を覆して3馬身差で圧勝しています。

モーガンの父となるモーリス自身はマイラーでしたが、さらにその父がジャパンC(G1)を勝ったスクリーンヒーロー。母父カーネギーは凱旋門賞馬ですし、血統的には中長距離をこなして不思議はありません。その上、今や凱旋門賞で欠かせないSadler’s Wellsの血を有するなど母方の血にスタミナを感じさせますし、そういった点では今のタフな中京の芝はピッタリだと思いますね」(別の記者)

 今月27日、もしくは10月3日の中京・芝2000mでのデビューが予定されているルペルカーリア。話題の“モーザリオ”の初陣を待ち焦がれているファンは、まず今週のモーガンの走りに注目してみてはいかがだろうか?

JRA話題の超大物ルペルカーリア「デビュー戦」のテスト!? 超“そっくり”さん「モーガン」が中京芝2000mで初陣のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!