NEW

パチスロ『吉宗3』に続く「大作」に動き!? 4号機を彷彿とさせる「激熱システム」に期待する声!!

【この記事のキーワード】

,

パチスロ『吉宗3』に続く「大作」に動き!? 4号機を彷彿とさせる「激熱システム」に期待する声!!の画像1

 これまで、多くの「ゲーム数管理型」のパチスロ機が誕生してきた。

「天国」や「モードA・B」などの滞在モードによって、特定のゲーム数でのボーナス放出をある程度推察できるというゲーム性。これはパチスロ遊技に幅を持たせ、打ち手に新たなる楽しみ方を与えた革命的なシステムだ。

 時を遡ること4号機。大ヒット作『吉宗』や『キングパルサー』などにも取り入れられており、多くのユーザーに浸透した。

 5号機へと時代が移り変わっても、ヒット作の多くに「ゲーム数管理型」は搭載。『押忍!番長2』や『モンキーターン』、『パチスロゴッドイーター』など、多種多様なスペックに採用されてきた。

 現在の6号機においても、大ヒット作『Re:ゼロから始める異世界生活』など、数々のヒット作に取り入れられている状況。AT「ゼロからっしゅ」への鍵を握るCZ「白鯨攻略戦」は、基本的に規定ゲーム数の消化やポイント獲得で突入するゲーム性だ。

 通常時の演出によってモードが示唆される。「鬼天国」「天国」「引き戻し」「通常A・B・C」と複数のモードが存在しており、設定推測や止め時を考慮する上で非常に重要な役割を担っている。高純増ATに加え「ゲーム数管理」というアクセントが、ヒット作への後押しをしたのだろう。

 そしてこの度、「ゲーム数+レア役」という「W抽選システム」を搭載した超大物コンテンツがパチスロに登場。単行本のシリーズ累計部数410万部という大ヒットを記録した大作が話題沸騰中だ。

「七匠さんからパチスロ新機種『アカメが斬る!』のティザーPVが公開されましたね。『月刊ガンガンJOKER』で連載されていた漫画で、アニメ化もされました。SFダークファンタジーとして多くのファンを獲得した人気コンテンツです。

 やはり、PVで紹介されている『W抽選システム』が注目すべきポイントでしょう。例えるならば『ゲーム数解除』の他に『チェリー解除』や『松解除』などのレア役によるボーナスを期待できた初代『吉宗』のようなイメージでしょうか。

パチスロ『吉宗3』に続く「大作」に動き!? 4号機を彷彿とさせる「激熱システム」に期待する声!!のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!