NEW

小島瑠璃子、頼みの男性支持まで急落!? 水着グラビア披露も「キングダム作者がチラつく」と皮肉殺到

【この記事のキーワード】

小島瑠璃子、頼みの男性支持まで急落!? 水着グラビア披露も「キングダム作者がチラつく」と皮肉殺到の画像1

 タレントの「こじるり」こと小島瑠璃子が、発売中の『週刊プレイボーイ』(集英社)の表紙&巻頭グラビアに登場。「年に一度のこじるりフェス」として例年大好評だった水着グラビアだが、今回は「キングダムがチラつく」「もう素直に見られない」などと批判的な声が続出する異変が起きているようだ。

 通常、女性タレントは売れっ子になると水着グラビアから卒業するのがお決まりのパターン。だが、小島は屈指の超売れっ子になってもグラビアを続けており、特に「週プレ」の毎年恒例の大特集はファンに好評だ。

 例年、ファンからは抜群のルックスやスタイルへの称賛はもちろん、どれだけ売れても水着になってくれることに感謝する声が数多く寄せられていた。

 ところが、今年はその状況が一変。「せっかくのグラビアもキングダムの作者がチラついて……」「キングダムに夢中だからSNSの投稿少ないね」「週プレじゃなくて、ヤンジャンでキングダムのコスプレグラビアやったら?」などと皮肉交じりのコメントが大量に飛び交っているのだ。

 小島といえば、大ファンを公言していた人気漫画『キングダム』(同)の作者・原泰久氏と熱愛中。恋人がいるとなればイジられるのも仕方ない部分はあるが、それにしてもかなり厳しめのコメントが目立っている。

「原氏は今年3月、14年間連れ添って3人の子どもをもうけた前妻と離婚。それから間を置かずに小島との交際を開始したという経緯があるため、略奪愛が疑われました。『週刊文春』(文藝春秋)では、原氏が既婚者だった約2年前から元アイドルAさんと不倫関係になっていたとも報じられ、Aさんは原氏との結婚を見据えて今年5月に芸能界を引退。そこに小島が横入りし、Aさんから略奪した可能性も指摘されています」(芸能ライター)

 以前は芸能界でも好感度が高く、特に男性人気は圧倒的だった小島。だからこそ、水着グラビアは「絶賛祭り」になるのが恒例だった。恋人がいるというだけでも男性ファンにとってはガッカリする部分があるが、略奪疑惑によってイメージまで悪化したことで辛口コメントが殺到しているようだ。

 さらに、過去の「ブーメラン発言」も印象を悪化させているという。

「約2年前、ZOZO創業者の前澤友作氏が女優の剛力彩芽との交際をSNSでアピールしていた件について、小島はテレビ番組で『なんで20歳上のおじさんの彼氏がガンガン来るのかなって』『ドン引きしました』などと一刀両断。“お金持ちのおじさん”に興味なしと言わんばかりの凛とした態度が喝采を浴びました。ところが、小島が熱愛中の原氏は19歳年上で、単行本や関連グッズの売り上げなどを合計すると『今までの収入は50億円以上』といわれる超お金持ち。過去の言動と矛盾しているように感じられるため、これもファンの信用を失う要素になっています」(同前)

 もともと「あざとい」といわれるなど女性層に嫌われやすい要素はあった小島だが、男性ファンからも見放されれば仕事に深刻な影響が出かねない。批判や皮肉をよそに、このまま「キングダム婚」へと突っ走るのか、そう遠くないうちに大きなニュースが聞こえてくるかもしれない。

小島瑠璃子、頼みの男性支持まで急落!? 水着グラビア披露も「キングダム作者がチラつく」と皮肉殺到のページです。GJは、エンタメ、の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!