NEW

JRAデビュー2年目若手騎手が「試練の降板」……。セントライト記念(G2)でベテラン騎手起用にやむを得ない事情か

【この記事のキーワード】

, ,

JRAデビュー2年目若手騎手が「試練の降板」……。セントライト記念(G2)でベテラン騎手起用にやむを得ない事情かの画像1

 21日、中山競馬場で菊花賞トライアル・セントライト記念(G2)が開催される。5年前はキタサンブラックが制し、勢いそのままに菊花賞(G1)で初のG1タイトルを獲得した。

 今年の出走メンバーで快速馬と言えば、バビット(牡3歳、栗東・浜田多実厩舎)だろう。

 前走のラジオNIKKEI賞(G3)を逃げ切り勝ちしたバビット。稍重の馬場状態で、1000m通過が59秒6という速い流れを演出しながら、後続を全く寄せ付けず5馬身差をつける圧勝だった。

 浜田調教師は「逃げて結果が出ているので、今から修正する必要はないと思っています。自分のリズムで走らせて、それがハナならかまわないです」と話していることから、セントライト記念でも逃げることが予想される。開催2週目の馬場はバビットに味方する可能性が高く、やっかいな逃げ馬となりそうだ。

 また、今回はバビットに誰が騎乗するのかにも注目が集まった。

 前走の鞍上は団野大成騎手が当初予定されていたが、当日の7Rで落馬負傷。急遽、内田博幸騎手に乗り替わりとなり、見事に代打の責任を果たしたのだった。

「団野騎手が育ててきた馬なので、良い競馬をしてバトンタッチしてあげたいなという気持ちがありました。団野騎手も若いので、これから沢山良い馬も乗れると思う。これをバネにして次なるタイトルを取ってくれればと思います」

 勝利ジョッキーインタビューで内田騎手は騎乗が叶わなかった団野騎手を気遣うコメントをしていたことから、ファンの間でも「団野騎手に戻るのでは」などの憶測が飛び交っていた。

JRAデビュー2年目若手騎手が「試練の降板」……。セントライト記念(G2)でベテラン騎手起用にやむを得ない事情かの画像2

 しかし、前走でバビットを勝利に導いた内田騎手がセントライト記念で鞍上を務めることになった。

「やはり、前走の内容が良かっただけに、内田騎手と手が合っているという判断が下されたのではないでしょうか。これまで5戦しているバビットの鞍上は毎回違い、団野騎手も1回騎乗経験があるだけなので、お手馬というほどではありませんし。

また、菊花賞を目指す同馬にとって、デビュー2年目の若手騎手よりも、ベテラン騎手の方が信頼できるという側面もあるかもしれませんね」(競馬記者)

JRAデビュー2年目若手騎手が「試練の降板」……。セントライト記念(G2)でベテラン騎手起用にやむを得ない事情かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!