NEW

JRAローズS(G2)過去データから浮上した「2頭」の上がり馬。“難関”を突破した特注馬とは

【この記事のキーワード】, ,

JRAローズS(G2)過去データから浮上した「2頭」の上がり馬。難関を突破した特注穴馬とはの画像1

 3日間開催が行われる今週は、秋華賞と菊花賞の重要な前哨戦といえるトライアルレースが行われる。ここでは特別な性質を持つ「トライアルだからこそ狙える馬」を検証したい。

 まずは牝馬三冠最終戦である秋華賞の最終トライアルレース・ローズS(G2)からいってみよう。

 今年の3歳牝馬戦線はデアリングタクト一色といっていい。無敗で桜花賞と優駿牝馬(オークス)の二冠を制し、史上初となる無敗の牝馬三冠を目指しているからだ。ただそのデアリングタクトはこのローズSに出走せず、秋華賞への直行が決定している。同馬が出走すれば絶対的な軸馬だっただけに、今回はかなりの混戦模様といっていいだろう。

 ローズSは上位3着までに秋華賞の優先出走権が与えられる。通常であれば賞金的に秋華賞に出走できないような馬であっても、ここで3着以内に入れば出走が確定するということもあって、格下馬の下克上を狙った激走がたびたび見られる。

 逆に言えば、すでに賞金的に秋華賞の出走が決まっている陣営は、ここで100%に仕上げる必要はなく、そういった実績馬が足をすくわれるケースも少なくない。後の牝馬三冠馬アパパネやスティルインラブも1番人気で4着以下だったが、本番ではキッチリ巻き返している。

 つまり次の本番である秋華賞を見据えた陣営や、権利をとるために全力投球となる陣営など、関係者の狙いは様々で、それが複雑に絡みあうレースでもあるのだ。

 そこで過去10年で3着以内となった30頭の中から、ローズSで権利を取らなければ確実に秋華賞へ出走できなかった可能性がある馬を調査。その馬の傾向を探ってみた。調査対象馬は収得賞金1500万円以下(現2勝クラス勝ち・旧1000万クラス勝ち)あたりまでの14頭だ。

 まず14頭中13頭が関西馬で2013年以降はすべて関西馬。つまり関東馬の格下馬はほぼノーチャンスだ。さらに14頭中11頭が社台グループの関連馬(生産・馬主)で、クラシックに力を入れている社台グループの意向が結果に結びついているといえる。

 騎手を見てみると重賞を何勝もしている関西のトップジョッキーばかりで、関東は横山典弘騎手のみ。関東所属騎手や若手騎手の出番はほぼない。秋華賞の権利がかかっているだけに、経験を含めハイレベルな騎乗が求められるのだろう。

■過去10年で3着以内に入った該当馬
2011年3着キョウワジャンヌ 飯田祐史
2012年3着ラスヴェンチュラス 川田将雅
2013年3着ウリウリ 浜中俊
2013年2着シャトーブランシュ 北村友一
2014年3着リラヴァティ 松山弘平
2014年2着タガノエトワール 小牧太
2015年3着トーセンビクトリー 武豊
2015年1着タッチングスピーチ ルメール
2016年3着カイザーバル 四位洋文
2016年2着クロコスミア 岩田康誠
2017年2着カワキタエンカ 横山典弘
2017年1着ラビットラン 和田竜二
2018年3着ラテュロス 秋山真一郎
2018年2着サラキア 池添謙一

JRAローズS(G2)過去データから浮上した「2頭」の上がり馬。“難関”を突破した特注馬とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?