NEW

パチスロ「出来レ感」一切なしの「6号機」!! 密かに評価が「上昇中」!?

【この記事のキーワード】

,

パチスロ「出来レ感」一切なしの「6号機」!! 密かに評価が「上昇中」!?の画像1

 2018年10月、大都技研の『HEY!鏡』の登場により「6号機時代」が幕を開けた。

 現在まで様々なマシンが登場するも、ユーザーからは賛否両論。有利区間による2400枚制限など、6号機の規則自体に不満の声が上がることも少なくない。

 有利区間の特性上、「若いG数で当選しにくい」という仕様、或いはG数当選がメインとなるため、「レア役の役割が弱い」ことなども挙げられている印象だ。

 特に、「出来レ感」という言葉を使った厳しい意見が目立つ。CZの突破契機やATの上乗せなどが「予め決められている」ような挙動をすることがあり、不評を招いているようだ。

 そのような状況の中で「好評価」が目立つ機種が存在する。それは山佐の『パチスロ TIGER & BUNNY』だ。

 本機は純増変動型のATで話題となったマシンで、最大1G約4枚のスピードで出玉を増加させる。

 疑似ボーナスからATを目指すゲーム性で、ボーナス中のバディ図柄揃いでAT「グッドラックタイム」に突入。「ナビレベル」の概念があり、レベルによって純増1〜 4枚に変動する。

 通常時の疑似ボーナスは3種類。5号機『パチスロ 魔法少女まどか☆ マギカ』のような仕様で、疑似ボーナス中にレア役などで「高確率」を獲得し、「高確率」中に「バディ図柄」成立を狙う。

 通常時はレア役からCZ「オンエアチャレンジ」を目指す。ボーナスの直撃も存在し、高設定ほど優遇されているようだ。

 CZは主に3種類。レア役やリプレイでメーターを蓄積する「楽屋泥棒を捕まえろ! 」や、全役でポイント抽選する「暴走アンドロイドを停止させろ! 」、バディ図柄を狙う「ダイアモンドの鎧を破壊せよ!」が存在する。

パチスロ「出来レ感」一切なしの「6号機」!! 密かに評価が「上昇中」!?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事